命門を開く。

前回、観照塾に参加した際に命門が開いていないとの指摘を受けいろいろ試していました。

まず、これまでは腰が丸まらないように「反り気味」を意識していました。

これで、命門辺りがどうなるか。

閉じて固くなっているように感じました。

そこで、単純に骨盤を後傾させてみました。

これでも閉じていました。

単純に反る、丸めるのどちらかで開くものだと思っていましたが

そうではなかったみたいです。

腰を丸めて命門を開くとヒントを頂いていたので、

試行錯誤した結果、腰が落ちて丸くなることと命門が開くように骨盤を

動かすことは違うということかもしれないと感じました。

立位で命門を開くと、薄筋あたりが使えそうな気がしました。

まだ、前のクセが残っているのですが変えていきたいと思います。

立っている時に腰が丸くなっていなくても固まってきたりしたのは

こういうことが関係していたのかもしれません。
[PR]
by aiki-therapist | 2011-09-23 02:11