治療院 双和堂

hiviaiki.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 02日

会陰、百会、体軸。

06.02 (土) 観照塾

  ・自分は立位で、座って手を持って貰う。
   (軸を伸ばして後頭部で倒れる)

  ・自分は座って、立って手持って貰う。
   (鳥と亀の動きで相手を崩す)(自分の軸をできるだけ伸ばす)

  ・座位で百会をおして貰う、押し上げる。
   (仙骨の前傾後傾で会陰と合うところはどこか)
   (肛門寄りになっていないか)

  ・会陰、百会を繋げて伸ばしながら六方円をする。
 
  ・軸を伸ばして、肩甲骨の間、背中、腰が自由に動くか。
   (ボールを当てて確認する)

 今日は軸がどれだけ立っていないか、首が決まっていないかがわかりました。

 自分の軸が立ってくると、四肢はあまり関係なくついているだけ

 のような感覚がしました。

 相手の中の動きも自分の中に写りやすく、感じやすくなりました。

 軸を立てて、ぶらさずに動く事が大切だと感じました。

 
[PR]

by aiki-therapist | 2012-06-02 23:09 | 観照塾


<< 表裏一体。      体感。 >>