治療院 双和堂

hiviaiki.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 29日

やってることは同じ。

2017.03.25 (土) 観照塾

 ・肩の力を抜いて合し打ち
 ・合いかけ
 ・歩法と剣
  →上げ下ろし、合いかけ返し、肘の外を防ぐetc
 
 途中で師匠が模擬刀で居合いの型をして下さいました。
 
 今回の稽古を通して、吸い込みと身体を伸ばす

 という体内操作しかしていないという事がよくわかりました。

 手の動きなどは枝葉の部分でしかなく幹の部分は

 共通しているのを再認識しました。

 師匠の居合いを見てどれだけやっているかがよくわかりました。

 体内操作、呼吸、動作が一致していてここしかないという所

 で動いておられました。

 居合いを稽古する事で、もっと治療の精度を上げられると感じました。

[PR]

by aiki-therapist | 2017-03-29 23:11 | 観照塾


<< 常に現状認識。      なんとなくしたくなる。 >>