治療院 双和堂

hiviaiki.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 29日

常に現状認識。

2017.03.26 (日) 呼吸動作研究会

 今回はOAさんが「呼吸と皮膚感覚」をテーマにしてくださいました。

 仰向けで膝を曲げて足の裏をつけて呼吸で下に敷いたゴミ袋を動かしたり

 畳との緩みをとることによって呼吸がどのように入っていくかを行いました。

 今回初めて参加して下さったOTさんの動きを見ていると

 骨盤が呼吸に合わせて動いておらず、「がわ」で動いておられれる様に

 見えたので身体を診させて頂きました。

 施術中にどういう意識でやっているか?などの質問を受けて

 いかに何も考えていないかを再認識しました。

 一応「筋肉」や「経絡」で言葉としては説明しましたが
 
 自分が気になったところがどう繋がってどこが緩んでくるかは

 お相手次第なので説明道理になっているかはわかりません。

 最近は体内操作に自分の意識をおいていて我を出さない、手でしない

 事に務めています。

 施術でもレクチャーなどでもこうしたらこういう結果がでる

 と決まっているのでは無いんだと感じました。

 常に現状がどうなっているかチェックし感じることが大事だと思いました。

[PR]

by aiki-therapist | 2017-03-29 23:31 | 呼吸動作研究会


<< 腰を反って固めない。      やってることは同じ。 >>