腰を反って固めない。

2017.04.15 (土) 観照塾

今回、体操を題材にテーマを「腰を柔らかく使う」として

進行役をさせて頂きました。

 ・相手の片方の腕を両手で持って技をかける
  →腰までつなげてあげる
   かける側は握らない、丹田から動く

 ・胸ぐらをつかんでもらって『鳥』で合気をかける
  →軸を立てたまま動けるか

 ・横から背中の固いところを緩めてあげる
  →緩んだ後、逆に技をかけられるか

 ・内縛をして雷刀をする時の頭の位置を補助する
  →軸を立てる

 ・頭で合気をかける
  →雷刀の体内操作ができているか

 ・後ろから抱きついてもらって技をかける
  →肘の張りを意識する
   意識を接点で止めない

 ・後ろから抱きついてもらって後ろへ座る
  →腰で落とすのではなく仙骨で落とす

 ・六方円で技をかける

扇子回しのときに吸って緩めてが一度ではないのかなと感じたので

軸を立てたまま緩めるが出来ないといけない。

その為には腰が反って固まっていてはできないと思いこのテーマにしました。

個人的には骨盤を丸めるときの鼠蹊部の深みが足りない事がわかりました。

[PR]
by aiki-therapist | 2017-04-20 06:47 | 観照塾