骨盤主導と仙骨主導。

2017.07.01 (土) 観照塾

・胸元を持って正面打ち
→対角の手刀で受けて胸元の手にも付けて両手を一致させて返す

・剣を少し広めに持って打つ
→分け目と柄の下の所で受けて返す

・胸元を持って平打ち
→同側の手で受けて相手を崩し切らずに反対の手に絡めて倒す

・両耳をやや横から打つ
→平泳ぎの様に両手を広げて受けて自分の方に引き込む

今回はM岡さんとさせて頂き、師匠の体内操作ばかり見ていました。

・恥骨を下げるのと頭へ伸びる引き分け
・恥骨や丹田、背骨の意識が前すぎる
・身体の伸びが無いと両手同時に緩みをとれない
・指先と恥骨を合わせる
・肩の力を抜いた後は恥骨、丹田以外は全部要らない(身体の伸びは必要)

ということを感じました。

帰ってから復習していると丹田の力を抜いて仙骨へ浸透していくようにすると

仙骨の動きが背骨に伝わっていくのを感じました。

今までしていたのは骨盤の動きで背骨に伝えていたんだと気づきました。

この新たな感覚を検証していきたいと思います。



[PR]
by aiki-therapist | 2017-07-02 12:45 | 観照塾