丹田のその先に。

2017.07.08 (土) 観照塾

・ 胸元を掴みもう片方の手刀で頭を打つ。(前回の復習)
→手刀で防ぎながら反対の手を胸元の手に添えてかえす。

・ 胸元を掴まれ手刀が頭に当たった所から返す。
→自分の軸の伸びを確認する。

・ 膝の上に置いた手を掴まれる。
→離陸して返す。

・ 六方円の様な形で手首を持って貰い返す。
→中指を付けて止めておく。
指先実にして手首、肘などその他の場所は鞭にする。
今回は離陸する時にもっと丁寧にする様にご指導頂きました。

自分では浮かして肩の力を丹田に落としてから離陸しているつもりでしたが

師匠の動きを見せて頂くともっと深く、細い点である事がわかりました。

今までは丹田を意識していましたが今回感じたのはもっと下でした。

それを検証していくと自分の感覚では始め恥骨辺りまで深くなり

その後尾骨の先端まで呼吸が入る感覚がありました。

そうなってくると、腹式呼吸でお腹を膨らますと丹田を固めてしまい

それより下の方まで呼吸が入らない様に思いました。

まだまだ、検証することがいっぱいです。

[PR]
by aiki-therapist | 2017-07-13 02:15 | 観照塾