肩甲骨の位置と無形の精度。

2017.11.04 (土) 観照塾

・大極棒以前。
・大極棒の発勁
・大極棒のぞうきん絞り
 →この二つをM岡さんが持ってきて下さった鉄製の大極棒で行う。
  重みに従えるか。
  重みと首と腹でバランスをとる。(首が引きずりおろされる)

・大極棒を横にもって技をかける
 →大極棒を握りすぎ。
  ぞうきん絞りや発勁でなぜこすっているか。

・短刀を横にもって上げてから水車勢
 →ぞうきん絞りや発勁の体内操作で浮かして持つときと
  横隔膜などを下げてもったときの違い(持つのも練習)
  浮かして落ちる時にすこしずれて落ちる(ぞうきん絞りと一緒)

・片手持ちで合気をかける
 →大極棒で肩甲骨のよせをしっかり行い緩めておく。
  無形の精度が変わって、相手に瞬間に合わせられる。(相手の持ってる位置)

・纏絲勁(てんしけい)と抽絲勁(ちゅうしけい)
 →骨盤の幅で動くと纏絲勁、仙腸関節で動くと抽絲勁。
  自分の経絡をありありと意識して通せるか。(腎経を通って目から出すなど)


今回はM岡さんが持ってきて下さった鉄製の大極棒のおかげで

重みに対して、力ではなくバランスで対応する事で中が伸びたり

首の位置が決まったりすることを体感できました。

下手をすると身体を潰しかねないですが、呼吸で自分の軸を立ち上げることが出来れば

バランスすることができると思いました。

師匠の大極棒を動かす以前の動きを見せて頂きました。

足の裏の重心、骨盤のセンタリング、肋骨のセンタリング、肩甲骨が寄っているか

首の位置、下からの動き(薄筋、恥骨のよせ)による呼吸の吸い上げが先に起る

(手で動かすのではない)といった所を確認してから動いておられる様に感じました。

発勁で肩甲骨が二段階くらい緩んで寄るのを触らせて頂いて、

体操の扇子回しと同じだなと感じました。

c0209238_01313079.jpeg

[PR]
by aiki-therapist | 2017-11-08 00:53 | 観照塾