緩めてもれ入る。

2018.01.27 (土) 観照塾

 ・スケーティング
  →吸って、吸って、緩めて吐く。のリズムで。

 ・合気上げ
  →ゼロにする。(吸って、吸って、緩めての姿勢)
   ゼロにしたときに出てくる相手の流れに沿って相手の首へ付ける。
   中を落としながら骨盤で相手の中へ入っていく。
 
 ・両手を乗せてもらい中を落として下へ落とす。
  →中を落とす、自分も座り込んでいくようなイメージ。
   
 ・座取りで手を持ってもらう。
  →壇中辺りを押さえられた時にウラの壇中へ吸い込む。
   膝の上に置いた手を持たれたとき、地中深くをイメージする。(吸い込む)
   
 ・上腕と前腕を持ってもらう。
  →相手の中心を取る。
   相手に引きとせめをされている様にして中心をつくる、意識する。
   分け目を通って丹田の力を伝える。

今回は吸って、吸って緩めて吐くの大事さが良くわかりました。

頭の先まで呼吸が通って丹田に緩んで落ちている状態が無形で

その状態でゼロになっている事がまず大事。

そこから相手に持たれた時に、相手の持ち様によってコチラが一旦固まるのを

もう一度ゼロにして分け目(一点もしくは二点)を通って丹田からの力が

相手に伝わると技になるのかなと思いました。
c0209238_15435163.jpg
吸って緩んでますね(笑)

[PR]
by aiki-therapist | 2018-01-29 15:45 | 観照塾