治療院 双和堂

hiviaiki.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 15日

浮き仙骨。

2017.10.14 (土) 観照塾

 ・師匠が来られるまでに大極棒の六方円を各自行う。

 ・大極棒を持って相手に伝える、合気をかける。
  →持っているけど、張りが大事。にぎらない。

 ・片方の手首を持ってもらう。水車勢のように引き落とす。
  →軸を立てて、力を抜いて相手の持っている形に合わせる。
   恥骨の上辺りまで呼吸を入れ、仙骨にも膨らますと仙骨が浮いて薄筋と繋がる。
   恥骨のはさみを意識したまま動くと肘と連動する。仙腸関節で動ける。

 ・立位の相手の内股や大転子辺りを擦って合気をかける。
  →手の甲の意識。
   鳩尾、壇中、首と自分の体内操作と一致するところを動かす。
   頭の先まで伸びる。
   自分の後ろから相手の後ろまでの意識。

 ・片方の手首を持ってもらう。指一本、一本を意識して入れていく。
  →腹と親指、人差し指と方向、中指と中心、薬指と肋骨の浮き。
   軸を立てて仙骨が浮いていると、親指と腹の感覚が明確になる。
   抜いて中指のが中心と合う。
   中指中心で薬指を跳ね上げるだけでもかかる。
   薬指を握ると浮きがなくなる。

 ・拳を手の平でうけてもらう。薬指を意識してとおす。
  →薬指の浮きと肩甲骨の浮き。肩先を浮かせるのではない。

 今回は途中で師匠に誘導して頂いた時に、丹田(自分が思っていた所より下)と

 仙骨(線腸関節)がよくわかりました。

 その後から腹から腰へ呼吸を吸うと腰に吸うというより仙骨に吸うような感覚になり

 その呼吸で仙骨が浮き、薄筋とつながる感じになりました。

 この感覚をもとに体操や大極棒などで検証していきたいと思います。

c0209238_00211142.jpg

[PR]

# by aiki-therapist | 2017-10-15 23:45 | 観照塾
2017年 09月 30日

剣の上げ下げで緩みをとる。

前回の観照塾で指先まで呼吸で緩みをとると

身体の中の使う所が変るということを体感したので

それを意識して身体造りをしようと思いました。

最初は片手を指を伸ばして上まで上げて行きました。

その時に普段親指、人差し指の先は感じているが小指側に行くにつれ

意識が無いことに気づきました。

中指を中心に全ての指先を意識できるように上げ下げしてみました。

そこで今度は剣を上げる時も握った手の中でも同じように出来るように

練習して行きました。

すると上げて行く途中で意識する指が切り替わることを再認識できました。

横隔膜から上は徐々に親指側を立てるように緩みをとると

今までより細く身体を使えました。

こういうことを色々やっているうちに無形の時に腹から腰へ呼吸を

入れる時に手の内と指先まで緩みが取れると身体全身と剣が一致し

剣先が少し前にいき緩みが取れる感覚がありました。

剣の上げ下げは自分の緩みをとる練習でもあるのかなと感じました。


[PR]

# by aiki-therapist | 2017-09-30 22:49
2017年 09月 21日

指先まで呼吸、指先まで緩みをとる。

2017.09.16 (土) 観照塾

・片腕を両手で持ってもらう。
→相手の手の内をとる、分け目ができる。
呼吸が指先まで入った時に緩みが取れる。
遠い所から動く。

・上腕を両手で挟んでもらう。
→肘から先を捨てる。
手の内をとる、相手と一つになる。
肩、肘を浮かせる。

・合気上げや手首を返して緩みをとって返す。
→首まで呼吸を通す。
指先に意識があるとき、ない時。
・剣を持った様に構え、手首を持ってもらう。(文を切る)
→小さな動きで伝える、伝わる。
刀の反りを意識する。

今回の稽古で印象的だったのは

・指先の効き具合で自分の緩みのとれかたが変る。

・緩みを取るのは呼吸

ということです。

相手に持たれると自分の呼吸の通り道が変わり、そこに上手く呼吸が

通ると緩みが取れるような感覚がありました。

指先に意識がある時に技のかかりが激変したことに驚くと共に

今までどれだけ意識出来ていなかったかということがわかりました。

指先まで意識する事で自分の皮膚の緩みがとれるということがわかったので

体操のやり方から変えていこうと思います。

[PR]

# by aiki-therapist | 2017-09-21 02:15 | 観照塾
2017年 09月 12日

ペンギンと呼吸。

2017.09.09 (土) 観照塾

 ・先生が来られる前に、合気上げと仰向けで寝て足から腕へのつながりの確認。

 ・仰向けで寝て肘と膝を繋げて引っ張る。
  →寝てる方は呼吸を使って自分で透す。
   細かくセンタリングすることで繋がる。
   引っ張る方は自分の軸を伸ばして引っ張る。

 ・交差取りで手の内側を掴まれる。呼吸で肩、肘を浮かして落とす。
  →上述の稽古で足と手が繋がっているという前提。
   呼吸で軸を立てて肩、肘を浮かすと嶺が出来て谷へ落ちる。
   相手の腕の内側を触って指先を意識する。

 ・同側の手で外側から掴まれようとする所を吸い込んで内側を持たして返す。
  →持たれる前から軸は出来ていて、持たれる瞬間に抜いて吸い込む。
   『の』の字の一画目をうまく描かせることで流れが出来る。

 ・片腕を両手で持ってもらって返す。
  →抜いて相手が持っているところに合わせる。
   自分が伸びて力を抜く。持たれているところ以外は自由に動ける。

 ・両手を合わせた所で手首を持ってもらう。
  →丹田の中心を感じる。
   丹田から自由に動く。
   指先から相手の首へ入れる様に呼吸する。

今回はM浦さんと稽古させて頂きました。

自分が先週できていなかったお腹と腰に呼吸を入れる。という事をお伝えさせて頂きました。

腰に入れようとすると腹直筋が縮みやすいようでした。

最終的に体操のペンギンが大事だ!という事を再確認しました。


[PR]

# by aiki-therapist | 2017-09-12 00:49 | 観照塾
2017年 09月 07日

センタリング・タッチ以前の問題。

2017.09.03  (日) センタリング・タッチ研究会

 前半は参加者全員治療して頂き、NMさんが治療を受けておられる間にブルワーカーという器具を使って

 身の内に弓が備わるとは?ということを体感させて頂きました。

 ・弓が垂直になる様に上げ、肩の力を抜いて下ろしてくる。肘を張って肩甲骨を寄せる。
 
 ・両足で押さえて両手で引き上げる。
  →膝を寄せて丹田から呼吸を吸い上げていき首の後ろを伸ばすように引き上げる。

 ・ボート漕ぎの様に座って首の後ろを伸ばして倒れる。
  →後頭下筋を伸ばす。そこまで呼吸が入っているか。

 ・空気入れのように押し込む。
  →視線を下げない。下げると身体の中が縮む。
   うまく身体の重みが乗っていく所がある。

 後半はセンタリング・タッチを行いました。
 
 まず、師匠が3人に施術して下さり後で交代でお互いやり合いました。

 私はK元さんに受けて頂いたのですが前日の稽古でわかった肋骨の辺りと背中の硬さが原因で

 ・タッチする手が浮かせていない、固い。
 ・肩の力が抜けていない。
 ・視線を落とす癖があり相手の首の辺りまでしか意識できていない。
 ・身体の中が落ちるので後ろの意識もない

 はっきり言ってセンタリング・タッチを教わる以前の身体造りが全然できていなかった

 事がわかり情けなくなりました。

 なんとかして教えて頂けるような身体造りをしていかないと行けないと思いました。


[PR]

# by aiki-therapist | 2017-09-07 13:30 | 中心塾