カテゴリ:未分類( 50 )

当ブログについて。

c0209238_08150435.jpg
当ブログは『治療院 双和堂』の院長が施術の精度向上の為に行う

合気道の稽古ボディーワーク呼吸動作研究会での感想やまとめを書いています。

師匠の教えの一つに「違うジャンルの事でも共通する身体の使い方であれば間違いじゃない」

というのがあり、”合気との共通項を他のジャンルから見出してきたもの”も書いています。

また、医療や社会で起っている事に関しても書いていけたらと思っています。

☆当院に関する情報やお問い合わせなどは下記 ホームページ からどうぞ。




[PR]
by aiki-therapist | 2018-12-31 22:50

合気は真空力!?

『真空のからくり』より引用させて頂きます。


「真空は決して〝空っぽ〟の空間ではなく、複雑きわまる物理系であり、この宇宙のすべては真空から生まれた」──これが、この本のメイン・テーマです。
 真空とは、空気はもとより、あらゆる物質やエネルギーを完全に取り除き、完全に空っぽになった空間ということになっています。光を含むすべてのエネルギーを取り去られた真空は真っ暗闇で、どんな観測器や検出器も反応しません。人類はかなり以前から真空の〝存在〟に気づいてはいましたが、「真空は真空であって、それ以上議論の余地はない」と考えてきました。
 ところが、20世紀に入り、真空に関してとんでもないことがわかってきたのです。なんと、真空が〝無言〟でざわめいているという事実です。──空っぽの真空がざわめく!? いったいどういうことでしょうか?


私たち人類が見出したのは、二つの驚くべき事実でした。一つは、「真空のいたるところで多数の粒子がひんぱんに出没している」ということ。二つめは、「空間から一切のものを取り除いても、〝発生源のないエネルギー〟が取り残されてしまう」ということです。


人間の五感にも観測器にも訴えることなく、まったく観測不可能であるというなら、それは「無」と同じです。真空内に得体の知れないエネルギーが存在していても(無数の粒子が出没していても)、真空はなお真空なのです!
「場の量子論」という物理理論によれば、発生源のないエネルギーの量は「無限大」です。真空の中に無限大のエネルギーが潜んでいるなんて信じられますか? しかも、無限大のエネルギーをもつにもかかわらず、真空には温度が存在しないのです!


さらに驚くべきことに、この発生源のない真空のエネルギーは単なる机上の理論ではなく、〝実在〟することが判明しました。真空のエネルギーが実際の物体に何らかの影響を及ぼした「結果」を観測することに成功したのです。
 真空に潜む発生源のないエネルギー……、まるで〝幽霊エネルギー〟です。真空内にエネルギーがあることはわかっているのに、取り出すことはおろか観測することさえできない──、だからこその真空である。…


<引用終了>


最近、動作の終わりと始まりがぶつ切りにならない様に稽古していると


身体の中が真空パックのような感覚があり「真空」についてちょっと調べてみると


面白い記事があったので載せてみました。


記事を読んでいるとなんとなく合気との繋がりを感じる様な……


我を捨てて空っぽになる(力を抜く)と丹田から五感にも観測器にも訴えることない無限大のエネルギーが発生する。


なんて妄想して読んでしまいました。


c0209238_12081532.jpg
まるでブラックホール!?


[PR]
by aiki-therapist | 2017-12-16 12:05

極小で浮かす。

先日のセンタリング・タッチ研究会(中心塾)で頂いた感覚を元に

もう一度『足の上げ方を科学する』+すべての上げ方を検証してみました。

・まずは仰向けで寝て、片足上げるまでに呼吸を首まで通す。

・そろそろ浮かそうかなと思った所でいったん無駄な緊張を抜く。

・もう一度呼吸に立ち返り、浮かすのでは無く浮く所を探す。

・足首、膝、股関節の角度は初めは大きく曲げないと呼吸で浮かないかもしれない。
 (始めから全体を少しだけ浮かすのは無理かもしれない)

・何度か行って、動きが小さくなってきたら反対も同様に行う。
 (反対側と同じ様には行かないこともある)

・両足を浮かす。

・片方の腕を浮かす。(左右行う)
 (首までの繋がりを意識する)

・両腕を浮かす(後頭部を意識してバランスをとる)

・同側の足と腕を浮かす。(左右行う)

・交差で足と腕を浮かす。(両方行う)

・首と四肢のバランスがとれたところで頭を浮かす。

・最後に呼吸で全体を浮かして繋がっていることを確認する。

浮くか浮かないかのところを重要視しておこないました。

案外スッと浮くということは厳密に言うと呼吸で上がっていないのかもしれません。

そしていきなり最小の上がり方をするのは以外と難しいということもわかりました。

だんだんと繋がってきて首が浮く様になると最小の浮きができるかもしれないと思いました。

c0209238_02572340.jpg

[PR]
by aiki-therapist | 2017-12-07 02:49

石の中心をもつ。

先週の金曜日に出雲大社、須佐神社、美保神社に行ってきました。

出雲大社はすごく大きくて雄大な感じでした。緩む感じと引き締まる感じの

両方が混ざり合っているような感じでした。ばっちり良縁もご祈祷して頂きました。(笑)

ご神体のお山に力を感じました。

その次に須佐神社へ向かいました。

こちらの御神木の大杉の根っこがとても力強く、つい長居してしまいました。

木のお札を頂いて帰ったのですが、ずっしりとこの大杉の感じがありとても良い感じです。

最後に美保神社へ行きました。

こちらは素朴な感じで飾り気がなく山から海へスーーッと気が流れている感じでした。

柔らかく心地よかったです。

こちらにおいてある石が中心を持つとパワーが伝わってくるが、

中心から外れるとパワーが頂けない不思議な石でした。

移動がとても長かったので疲れましたが、すべて良い場所でした。

インパクトが一番強かったのは須佐神社でした。

c0209238_08150435.jpg
御神木の大杉です。


[PR]
by aiki-therapist | 2017-11-04 08:17

前回の観照塾で指先まで呼吸で緩みをとると

身体の中の使う所が変るということを体感したので

それを意識して身体造りをしようと思いました。

最初は片手を指を伸ばして上まで上げて行きました。

その時に普段親指、人差し指の先は感じているが小指側に行くにつれ

意識が無いことに気づきました。

中指を中心に全ての指先を意識できるように上げ下げしてみました。

そこで今度は剣を上げる時も握った手の中でも同じように出来るように

練習して行きました。

すると上げて行く途中で意識する指が切り替わることを再認識できました。

横隔膜から上は徐々に親指側を立てるように緩みをとると

今までより細く身体を使えました。

こういうことを色々やっているうちに無形の時に腹から腰へ呼吸を

入れる時に手の内と指先まで緩みが取れると身体全身と剣が一致し

剣先が少し前にいき緩みが取れる感覚がありました。

剣の上げ下げは自分の緩みをとる練習でもあるのかなと感じました。


[PR]
by aiki-therapist | 2017-09-30 22:49

神社巡り。

7月17日、海の日に師匠とM岡さんとで神社巡りをしました。

始めに高鴨神社に参りました。

前回訪れたときより色んなものが増えていてきれいに整備されており進化しているなと感じました。

小さなお社の屋根が茅葺きでこだわりを感じました。

次に高天彦神社に参りました。

こちらにある蜘蛛塚ですが、前回きた時は石の下の方から気が上がってきているように感じたのですが

今回は石の後ろ側から上に噴水のように気が出ている様に感じました。

次は龍泉寺に向かいました。

こちらに参ったのは恐らく三回目か四回目だと思うのですが初めて滝行場を拝見しました。

囲いの外からでもわかる凄さで、中へ入らせて頂くと一段と凄みがありました。

滝行場はこれまでに数カ所見たことがありますが気持ちよさがダントツで初めて入りたい!!と思いました。

そしてウロウロと見学して一段落していると般若心経が聞こえてきました。

師匠とこの般若心経は心地いいですね。なんて話しているとだんだんと凄みを帯びてきたので

お堂の方へ入るとさっきまで居られた一般の参拝客がすっかりいなくなっていました。

そして師匠に役行者さんの前をお譲り頂き、般若心経から御真言まで唱えさせて頂きました。

後から気づいたのですが、なにかの授与式を行っていたみたいで

道理で力のこもったお経やすばらしい法螺貝だった訳だと思いました。非常にラッキーでした。

そこから五代松の鍾乳洞へ行き、ゴロゴロ水を飲んで母公堂へ行きました。

母公堂の横の川の所も山奥からの気が流れているようで気持ちよかったです。

その後、本日のメインイベントまで時間があったので道の駅 吉野路黒滝で師匠から頂いたパンを食べました。

売店の奥へ進むと芝生と穏やかな川があり、気候もちょうどいい涼しさでとても気持ちのいい時間でした。

そして最終目的地 丹生川上神社下社へ参りました。

こちらにある御神木が星田妙見山の木の形に似ていてパワーがありました。

そして、普段は入る事が出来ない本殿までの階段を上らせて頂きお参りさせて頂きました。

こちらの階段は下に着地していない為、ふわふわした感じでした。

改修してしまうと今の工法では作れないので経験できて良かったです。

最後に宮司さんからいろいろなお話を聞かせて頂いたのですが心に残っているのが

「言上げせず」という言葉です。

自分の主義主張を声に出さないという意味だそうです。

日本人は元々相手の気持ちを察する、いちいち言わなくてもわかる民族であったのが

近年どんどんその思想が無くなっているので大事にしていきたいと話しておられました。

今回の神社巡りで治療家として大事な事を学んだ気がします。

師匠のいろいろな物を敏感に感じる力を肌で感じさせて頂き

どんないい場所に行くかも大事だが、それを受け取る器も磨いておかないといけないと感じました。

そして「言上げせず」の精神で地道に頑張っていこうと思いました。

[PR]
by aiki-therapist | 2017-07-22 02:24

極小の臨界。

今週水曜日、てるてる坊主さんとtonoさんが治療所に来てくださり

体操の解説をさせて頂きました。

てるてる坊主さんから「小指球の寄せと体操」というテーマを頂いていたので

椅子に座っての足の上げ方、骨盤、呼吸。と行った事をさせて頂きました。

腹直筋が伸びていないと身体が細くならない、そして身体の軸が細くなる事で

手の内も寄ってくるという事を実感して頂けたらなと思いました。

流れの中で頭に物を乗せて「鳥と亀」や「六方円」を思い出したのでやってみました。

この時に外から見えない動きで臨界まできっちり動かす大切さに気づきました。

☆ブログ内検索で見つけた記事を掲載させて頂きます。

練功法を稽古する時の体内操作と呼吸は、皆さんに説明をしながら動きを見せる
必要があるので、出来るだけ見えるように動いています。しかし、実際に技を掛ける
時には動きが小さくなって、見慣れていない人には何をしているのか分からない
かもしれません。

相手に接触するまでが大切だと分かっていても、それを納得して頂くのは至難の業
かもしれません。どうしても、派手な動きに目がいってしまいますから・・・



[PR]
by aiki-therapist | 2017-07-01 15:01

竹踏みと階段。

先日の観照塾で足首、膝、股間節が固かったので竹踏みをしてみました。

気づいた事を少し書いておこうと思います。

 ・踵だけをのせた時は腹に呼吸が入りやすい
 ・前足底だけをのせた時は腰に呼吸が入りやすい
 ・踵をのせて体操の階段をする時は指の反らしを意識する
 ・前足底をのせて階段をする時は足首の曲りを意識して乗っていくと
  足首が決まってくる

階段のときに腰が反って固まっているように感じていたので

竹踏みを使いながら腰に呼吸が入るように階段をしたらどうなるか

やってみました。

今のところ丹田に吸って腰から上に吸い上げた状態で

やるのが良いのかなと思っています。



[PR]
by aiki-therapist | 2017-01-28 00:31

原点回帰。

2015.10.14 (水) 治療院漫遊

 自分の治療院に師匠とK元さんにお越し頂きました。

 初めに物の配置を変えて空間の意識できる所を変えて頂きました。

 自分の空間の意識が狭いということがわかりました。

 施術をさせて頂いて『ポジショニングが出来ていない』ということを

 再認識しました。

 頭で考えたり、見た目によるポジショニングをしていたんだなと

 気づきました。

 『足の上げ方を科学する』で自分の体感を積み重ねて

 いなかったことが、よくわかりました。

 師匠が以前、どれだけ違うやり方ができるか、工夫するのが大事。

 と仰っていたと思いますが

 全然足りてないなと感じました。

 枝葉の部分ばかりに気をとられて基本が抜けていました。

 もう一度自分の感覚で基本を模索したいと思います。

 どれだけ丁寧に自分の身体を観れるか。

 それが治療の精度に関わってくるのだと思います。


 治療をさせて頂き、見せて頂き、して頂き。

 とても勉強になりました。

 K野師匠、K元様貴重なお時間を割いてお越し頂きありがとうございました。
[PR]
by aiki-therapist | 2015-10-16 01:05

軸が伸びると締まる。

2014.10.11 (日)

 今日はM岡さん宅で稽古をつけて頂きました。

 ・ 尾骨と大泉門とのバランス

   →尾骨が立って上下に軸ができる。
   →尾骨が立つ頭、首の位置。
   →軸が立つと椎体が真ん中でそこを中心にバランスする。

 ・ 肩甲骨のよせと横の軸

 ・ 前腕、上腕の緩みがとれてから肩甲骨が動く。
   (上腕肩甲リズム)

   →肋骨まで繋がって動く

 ・ 剣の上げ下げ

   →肘が固まっている。
   →中指中心でバランスを感じてあげていく。(手の内が変化していく)
   →剣の反りに沿って上がっていく。
   →自分の軸の伸びと分け目をカチあげる所が一致する。

 ・ 合気上げ

   →吸い込み・・・朝顔が螺旋状にしぼむ、労宮・肘の位置。
   →手を張る・・・手首が締まったままひらく。
   →小指球のよりがない(労宮の位置がずれている)

 自分の軸が伸びる、全体が締まるということがよくわかりました。

 手の内と肘の位置の関係を改善しないといけないと思いました。
[PR]
by aiki-therapist | 2014-10-14 22:16