呼吸とバランス

「感じたこと」

  ・ 四股踏み・・・足首をきめて骨盤をよせて、骨盤時計の三時九時で足を浮かして

           足の重さと骨盤と頭までの重さのバランスで足をあげる。

  ・ 馬乗りされた状態から相手のバランスを骨盤時計でくずし、手でおっつける。

  ・ 合気上げ、下げ・・・骨盤主導であることを意識して吸い込み、横隔膜を浮かす
  
              肘・肩を抜く、相手の中心をせめる、ずらして手の内と引きとせめ
 
              と螺旋を感じで付けていく。
  
  今回は、骨盤の動きから手までの伝わりの一連の流れを行いました。

  ただし、流れと一言で言えども一つのことを行うのに対していろいろな要素

  が使われていることを感じました。

  治療の時も同じかと思いますが、行く位置を通すために

  自分で気付き、行くかどうかを確認することが大事だと思いました。


  すべての原点である「呼吸」に関しても

  表面的で腹から腰にすら吸えていないことがわかりました。
[PR]
by aiki-therapist | 2010-09-15 22:46 | 観照塾

行ったり来たり

「感じたこと」

  ・ 骨盤の締りがない
 
  ・ 仙骨と後頭部の連動

  ・ 作用、反作用で体内を感じる

  ・ 相手の各関節と重みを感じる

  ・ 引きとせめとリズム

  ・ 自分で止まってかためない

  
  今回は特に、骨盤の締りがないということが目立ちました。

  そのため、横隔膜も下がりやすく結果的に呼吸が入りづらく

  なっていました。
 
  骨盤の意識が薄れていたことに気付きました。

  治療も身体づくりも行ったり来たりだと感じました。
[PR]
by aiki-therapist | 2010-09-08 01:05 | 中心塾

呼吸で浮かせる

「感じたこと」

  ・ お腹、横隔膜の呼吸での連動

  ・ 肘、肩をその都度抜く

  ・ 横隔膜のひろがりと折れない手
  
  ・ 肩甲骨、鎖骨を浮かしておく

 
  呼吸と横隔膜の広がりで浮かせるということがとても重要だと感じました。

  私は、エアジャッキが頭に浮かびました。

  呼吸の入るところや臨界点がまだまだだったので

  もっと丁寧に呼吸をしなければならないなと感じました。
[PR]
by aiki-therapist | 2010-09-08 00:50 | 観照塾