体得する。

3.27 (日) 健康維持互助会

 今回は私がリーダーをさせて頂きました。

 自分自身がやりたかったことの1%ぐらいしかできませんでした。

 私の立てたメニューが飛躍しすぎていたのだと思います。

 参加して頂いた皆様、申し訳ございませんでした。

 
 今回わかったことは基本的なことを

 もっとしないといけないという事がわかりました。

 頭で考えたことは所詮、頭で考えたことで体感したこと
 
 でないと伝わらないし、結局わかったことになっていないという

 ことを感じました。
 
[PR]
by aiki-therapist | 2011-03-29 00:50 | 健康維持互助会

物打ちと手の内

3.26 (土) 観照塾

 ・正眼で正面打ちを止める

 ・城郭勢で正面打ちを止めて返して肩を当てる

 ・正面打ちで相手にいれる

 ・一打三足で相手にいれる

 ・呼吸で肋骨を広げて、絞める(広がって、締まる)


 今回は横隔膜と剣を持つバランスを感じました。

 物打ちまで意識があるときと無い時で

 持っているところと物打ちとがバランスするような感覚がありました。

 持っているところに平衡器がついているような
 
 不思議な感覚でした。

 先週1週間、バットを使った練習をしていたのですが

 見事に木刀を持っても刃の感じが出せませんでした。

 バットを持っていても剣のような鋭さが出せないといけないのに・・・
[PR]
by aiki-therapist | 2011-03-29 00:15 | 観照塾

試して、感じる。

3.23 (水) M岡さん宅にて

 今日は今月の互助会の予行演習・打ち合わせの為、

 M岡さん宅にお邪魔させて頂きました。

 野球のバット1つで、特徴を生かして色々な使い方ができ

 そこからいろいろな事を感じられるということがわかりました。

 自分の常識のリミットを外して考えることが大事だと思いました。
[PR]
by aiki-therapist | 2011-03-24 02:23

後頭部で観る

3.19 (土) 観照塾

 ・ 袋撓いで回し打ち

   ⇒相手の頭を打つように
   ⇒呼吸と合わせる、呼吸で行う

 ・ 合し打ち
 
   ⇒先に下ろす方は相手がどの位置が打ちやすいかを考えて下ろす
   ⇒疾雷刀で伸びる方向と落ちる方向を意識する

 ・ 合気上げ

   ⇒吸い込み…相手からの力の流れを感じる
   ⇒手の角度によっていく、いかないが変わる

 ・ 木刀を手で押さえてもらう

   ⇒ゼロにする
   ⇒手の内をきめる
   ⇒相手の緩みをとる
   ⇒腹で動く

 
  今回は、M岡さんに手の内と後頭部と袋撓いのものうちの裏

  とを合わせるように教えて頂きました。

  後頭部との関係を意識することによってアゴの位置や、首の決まり方

  周りの見え方にまで変化を感じる事が出来ました。

  今まで、なかなかものうちに力が伝わりにくかったのですが

  伝わりやすくなったと思います。
 
  疾雷刀では伸びる方向とそのあとに落ちていく方向をできていませんでした。

  
  良いバッターは当てたあとにどの方向に、どのぐらの距離を飛ばすのか

  考えて当てるまでのスイングの軌道を描くのかな?と思いました。
c0209238_20252483.jpg
   
  
[PR]
by aiki-therapist | 2011-03-22 20:25 | 観照塾

付け続ける

3.12 (土) 観照塾

  ・ 付ける、付け続ける

  ・ 骨盤のはさみこみ

  ・ 腰の向きを変えずに動く

  ・ 片手で袋撓いをうつ

    ⇒呼吸で出来ているか

  ・ 手の伸筋側の意識

  ・ 歩法で動く

  ・ 打った後押せるか?

  ・ あてる拍子、付ける拍子、抜く拍子

  ・ 疾雷刀で伸びる

    ⇒横隔膜が緩まないところ
     肩に力が入らないところ

  
  今回は付けるということについて意識が変わりました。

  もっともっと付ける、付け続けるということが大切だと感じました。

  
[PR]
by aiki-therapist | 2011-03-16 01:37 | 観照塾

3.6 (日) 中心塾

 今回は椅子での稽古でした。
 
 ・ 帯を膝に引っ掛けて、タズナのようにして腰を入れる

 ・ 呼吸で中を伸ばしてバランスして、後ろに沿ったり足を浮かせたりする

 ・ 帯を持って、膝からすらして手首を返しながら上に伸びる

   ⇒最初から首をそらさない(中の伸びを限界まで伸びる)

 ・ 帯を使って呼吸して上肢を動かす

   ⇒帯を引っ張る、帯の面を利用する

 今回は椅子での呼吸を行いました。

 帯のを、縛るのではなくて手で持って行いました。

 帯の特徴を生かしての呼吸で、太極棒で行うのと感覚が違いました。

 股関節を締める、肋骨を締める、中を伸ばす

 ということが大事だと感じました。

  
[PR]
by aiki-therapist | 2011-03-08 23:03 | 中心塾

剣と歩法と呼吸

3.5 (土) 観照塾

 ・ 正面うちを早くする
   
   ⇒使っているところがわかりやすい

 ・ 吸って、抜いて、吐く(落とす)

 ・ 歩法で動けているか?

   ⇒動けていると付けた時に押せる

 ・ 股関節の挟み込み

 ・ 回し打ちで横をしっかり通す

   ⇒きっちり抜く
   ⇒手の内でのバランス

 ・ 二刀で振り上げる
  
   ⇒両手のバランス、呼吸で上げ下げ

 ・ 呼吸の通り道(丹田、腰、横隔膜、首)


 今回は剣をすることで、歩法で抜けているところがよくわかりました。

 股関節の噛み合わせで動けていないことがわかりました。
[PR]
by aiki-therapist | 2011-03-08 22:23 | 観照塾

骨盤と横隔膜

2.27 (日) 健康維持互助会・中心塾

 ・肛門、会陰、恥骨を絞める
   ⇒ 前側の意識の薄さ

 ・呼吸が横隔膜の中心を通る
   ⇒ 胸に出てこない

 ・骨盤の反る・丸めると腰椎の反る・丸める

 ・呼吸と全体のつながり


 今まで、胸が前に出て胸から呼吸をしていた事に気が付きました。

 しっかり、骨盤から吸って横隔膜の中心へ吸っていくと首まで吸えてない

 と感じました。

 骨盤も平面的で特に前側の意識がありませんでした。

 
[PR]
by aiki-therapist | 2011-03-04 01:48 | 健康維持互助会

薄筋が使える位置

2.26(土) 観照塾

 ・ 膝が抜けていない

 ・ 薄筋がつかえていない

 ・ 丹田に落としたまま歩く

 ・ 倒れこみ
 
 ・ ゆるみをとる

 
 薄筋が使えずに、四頭筋ばかり使って歩いていたことに気付きました。

 薄筋が使えるような骨盤の位置、使い方をしなければならないと思いました。
[PR]
by aiki-therapist | 2011-03-01 01:30 | 観照塾