治療院 双和堂

hiviaiki.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 27日

少しだけ進展しました。

 9.25 (日) 健康維持互助会・中心塾

  互助会は先月に続き、O今さんがリーダーをしてくださいました。

  前回の発展のような感じで、自分のあらゆるところの前後・左右・右回り・左回り

  などのセンタリングをして、良い位置を見つけるということ教えて頂きました。

  そこから患者さんに良いポジションをとって頂くように誘導するという方向に進みました。

  加えて、M岡さんに発展型を教えて頂き

  伸展や、ポジショニングと自分自身のセンタリングがつながって感じました。

  中心塾では、竹踏みを使ってバランスを感じ
 
  呼吸と自分の意識を合わせるようにしました。

  その後、呼吸と下腿(薄筋や腎経のライン)を繋げるように動いたり

  肘の誘導で上肢と呼吸を繋げる運動をしました。

  結果的に、足の付き方が変わり呼吸と骨盤からのつながりで手が上がるということを

  体感しました。

  中心塾が終わってから、手の内と合気上げを教えて頂き

  こするぐらいのタッチで緩みがとれることがわかりました。

  そのあと、側臥位で揺らす、振動させる治療を教えて頂きました。

  これが思ったよりも難しく、自分の体勢と浮かしが大切だと感じました。

  治療する際に、自分も相手も呼吸がしやすい位置が重要で

  抜ける位置で抜くと自然と入れていく方向が見えてくるような気がしました。

  入れる、抜くという感覚が変わったのでいろいろやってみたいと思います。

  M岡様、今回もたくさんのことを教えて頂きました。

  ありがとうございました。
  
[PR]

by aiki-therapist | 2011-09-27 01:21 | 健康維持互助会
2011年 09月 27日

手首を細く、丸く。

 9.24 (土) 観照塾

  ・腰を入れる、身体の軸を立てる

  ・引きとせめ、相手を浮かしておく

  ・親指、小指の使い方と手首の締り

  ・体内操作と意念との一致


 今回は手首、手の内の締りや細さが大切だと感じました。

 手首を締めたまま、手を開くということが出来ていなかったと感じました。

 鍼を使うときはもっと細くしないといけないので、

 もっと頑張らないと・・・と感じました。
[PR]

by aiki-therapist | 2011-09-27 00:48 | 観照塾
2011年 09月 23日

命門を開く。

前回、観照塾に参加した際に命門が開いていないとの指摘を受けいろいろ試していました。

まず、これまでは腰が丸まらないように「反り気味」を意識していました。

これで、命門辺りがどうなるか。

閉じて固くなっているように感じました。

そこで、単純に骨盤を後傾させてみました。

これでも閉じていました。

単純に反る、丸めるのどちらかで開くものだと思っていましたが

そうではなかったみたいです。

腰を丸めて命門を開くとヒントを頂いていたので、

試行錯誤した結果、腰が落ちて丸くなることと命門が開くように骨盤を

動かすことは違うということかもしれないと感じました。

立位で命門を開くと、薄筋あたりが使えそうな気がしました。

まだ、前のクセが残っているのですが変えていきたいと思います。

立っている時に腰が丸くなっていなくても固まってきたりしたのは

こういうことが関係していたのかもしれません。
[PR]

by aiki-therapist | 2011-09-23 02:11
2011年 09月 14日

薄筋と手首のきめ

09.10 (土) 観照塾

  ・ 吸い込みと相手に入れるタイミング

  ・ 手首をきめる

  ・ 薄筋をつかう

  ・ 手の指をやわらかく使う、全体を使う

    ⇒労宮が虚になる感じ

  ・ 身体を細くする

  ・ 呼吸、視線を使って細くする

  
  普段から、薄筋を使うように立とうとしいたのですが、出来ていませんでした。

  それが今回の稽古での結果にも出ていると思いました。

  手を柔らかく使うには手首が決まっていないといけないと思いました。

  手首が決まるのは親指側(肺・大腸経優位の時)ではないなと感じました。
[PR]

by aiki-therapist | 2011-09-14 21:46 | 観照塾
2011年 09月 10日

クセでゆがんでいく。

ここ一週間ぐらいは忙しく、なかなか自主練習できていませんでした。

この一週間はバイトしている間にいかに股関節・骨盤が開かないか

また、開いていこうとしている時に気付けるかに注目していました。

そして、すこしづつ前かがみ・猫背ぎみになりつつあったので

腹筋を伸ばしてから少し身体を整えて寝るようにしていました。

お腹に吸って、吸い上げて、肋骨が締まって、力を抜いて

締めたまま吐いていくということをしました。(寝て、腰に丸めた座布団をいれてしました)

うまく行きますと腹筋ががちがちだったのか、すごく伸ばされました。

これが正しいことかわかりませんが、自分では良い方向ではないか?と思っています。

やはり、生活をしている中でクセがでてきて歪んでいくなと感じました。

意識することがまず大事かなと思いました。
[PR]

by aiki-therapist | 2011-09-10 04:32
2011年 09月 02日

身体はつながっている。

08.28 (日) 呼吸法中心塾

・各関節がどっちに行きにくいか

・そこでどう固まるか

・固まったところから徐々に緩む方向についていく

・身体でついていく、動かす


今回、O今さんに教えて頂いて固めた状態から中枢側から緩める、緩まっていくとそこから順番に繋がって緩んでいくのを感じました。

お腹で操作する感覚がまだまだ足りないと感じました。

中心塾では足首が決まることが大事であり、決まっていなかったことがわかりました。

呼吸に関しても丹田から広げていく時に腹筋背筋に力が入り、背中側に吸えてなかったことがわかりました。
[PR]

by aiki-therapist | 2011-09-02 02:52 | 中心塾
2011年 09月 02日

身体はつながっている。

08.28 (日) 呼吸法中心塾

・各関節がどっちに行きにくいか

・そこでどう固まるか

・固まったところから徐々に緩む方向についていく

・身体でついていく、動かす


今回、O今さんに教えて頂いて固めた状態から中枢側から緩める、緩まっていくとそこから順番に繋がって緩んでいくのを感じました。

お腹で操作する感覚がまだまだ足りないと感じました。

中心塾では足首が決まることが大事であり、決まっていなかったことがわかりました。

呼吸に関しても丹田から広げていく時に腹筋背筋に力が入り、背中側に吸えてなかったことがわかりました。
[PR]

by aiki-therapist | 2011-09-02 02:52 | 中心塾
2011年 09月 01日

下から上までつながる。

08.27 (土) 観照塾

・手の内を決める
→小指側が決まっていない

・浮かして肩肘を抜く

・もう一度抜いてからいれる

・背中と肩甲骨の引きと攻め


今回も浮かして肘肩を抜くのが大事だと感じました。
足の内側から横隔膜・肋骨の内側を通って大円筋あたりから腕の内側までを繋げないといけないと感じました。

自分は肩甲骨あたりから先が繋がっていないと感じました。
[PR]

by aiki-therapist | 2011-09-01 11:36 | 観照塾