引きと攻めの影響。

2014.09.20 (土) 観照塾

  
  ・ 座禅→上下に伸びる、薄筋が効いているか

    押し倒す方→手でやらない、後ろの意識

  ・ うつ伏せで仙骨と後頭部をつなげる

    →腰椎5番を入れる、肋骨を床に押し付ける、肩甲骨を寄せる

  ・ 体操のペンギン
   
    →椎骨一つ一つ丁寧に伸ばしていく、頭は最後

     伸びた所で一度頭を落としてそこに合わせてもう一度伸びる

     しっかり丹田まで落としてから頭を落としていく

     背中と床が平行になったあたりで一度頭側とお尻側で引きせめで伸びる

     頭と腰を抜いて少したれる

  ・ 両手を持ってもらう

     →呼吸で弛みをとる

      薄筋と肋骨の締めで最低保証

      手の内で弛みをとる(中指は中心、母指球と小指球で引きと攻め)

      手の位置は変えずに力を吸いこむ(相手への経路が出てくる)

      丹田に吸いこんだものを仙腸関節の動きで順番に相手へ伝える
   
      (飛ばして手から動かない)

  
  今回は薄筋、肋骨、肩甲骨の寄り、手の内(引きと攻め)

  というところが課題にあがりました。

  いたるところの引きと攻めが身体にどう影響しているか感じながら

  稽古しないといけないと感じました。
            
[PR]
by aiki-therapist | 2014-09-22 02:18 | 観照塾