後頭部を高等な布巾で。

2017.12.03 (日) 中心塾

今回は合気二刀剣と治療について教えて頂きました。

動作を行う前に後頭付近の意識を出す為に用意して下さった布巾(後頭布巾)を首に巻いて頂きました。

首の前でくくり、残った部分を胸骨とシャツとの間に入れることによって

胸骨と後頭部のバランスを呼吸でとる感覚がわかり易くなりました。

・短刀を胸の前で引き分ける。
 →刃を前へ向けて持つと胸が全部反ってしまい含胸できず、抜背できない。
  刃を自分に向けて持つと中心に近い所が含胸できて、抜背できる。
  刃を前に向けて持つと握り易いので握ってしまう。

・短刀を引き分けた時と短棒を引き分けた時の違い。
 →形状の違い、同じ短刀でも材質など違いを味わう。

・椅子に座って短刀を大腿の上に置いて骨盤で動かす。
 
・(椅子)短刀の柄の下の方を持って浮くか浮かないかの所まで呼吸で上げる。
 →浮くか浮かないかの所が一番大事。

・(椅子)先ほどより少し上を持って浮かす。

・(椅子)横隔膜の高さで浮かす。

・(椅子)合気二刀剣で上げていく。

その後、センタリング・タッチで身体を調整して頂いた後に3人で順番に練習しました。

首の位置が決まって待つのがとても楽になり、吸って・緩めてで相手が緩んできたのに対して

付いていくだけというのがとてもやり易かったです。

今までは相手に付いていく=遅れない様にという意識でしたが

相手に付いていく=緩むまで待つことが大事だと感じ、待てていなかったなと思いました。

そして待っている間は丹田から細かく微細動を起こすことによって自分が固まらないのだと思いました。

師匠が音楽に合わせて動いているだけというのが少しわかった様な気がしました。

好きな音楽を聞いて固まらない様に揺れながら気長に待つことが大事なんだと思いました。

c0209238_03150181.jpg
お決まりですが・・・笑


[PR]
# by aiki-therapist | 2017-12-06 03:16 | 中心塾

作り出された動き。

2017.12.02 (土) 観照塾

 ・短棒の両端を持ってもらい真ん中をもってかける。
  →中指がずれると手首もずれてなにも起らない。
   自分がまず浮いていること。

 ・短棒の両端を持ってもらい真ん中を手刀で弛みをとっていれる。
  →自分を浮かして緩めた時棒に重みが乗る、棒の中心を感じる。
   接点を点にする。親指小指のよせ。
   点の中で引きとせめ。かなり微妙。
   身体の中心で先に入れてから抜いてくる、抜いてから入る。

 ・短棒の端を片手で持ってもらい、交差取りでかける。
  →まず自分の丹田から手の先まで順番にとおす。
   先に通した微振動を相手に伝える。
   自分の中を緩めると相手の動きが現れ、それについていく。

 ・木刀のものうちを両手で持ってもらい片手で相手に入れて落とす。
  →片手で引きとせめ。
   手の内と相手の手と手の間をつなげる。
   
 ・正眼で構えてものうちを持ってもらってかける。


 今回は丹田から指先まで振動を伝える重要性に気付きました。

 丹田から伝えているつもりでも丹田の動きを勝手に肩や肘で

 想像して中継してしまっていることがわかりました。

 それは伝わっているのではなく、作っているものです。

 これではその間はない物とされてしまい固まってしまいます。

 自分がとおっていないのに相手をとおせるはずがありませんね。

[PR]
# by aiki-therapist | 2017-12-04 23:59 | 観照塾

2017.11.26 (日) 呼吸動作研究会

今回はK元さんが「身体を観て、触って、確かめる」をテーマに進めて下さいました。

・胸、肋骨、鳩尾、へそ、下腹部を順番に呼吸で膨らませる。触って違いを確かめる。

・胸、肋骨、鳩尾、へそ、下腹部の背中側を同様に行う。

・恥骨、会陰、尾骨のラインを意識して呼吸する。

・ペアになって呼吸の入り方を観察する。

・呼吸の入っている所と入っていないところを触って伝えてあげる。

・呼吸の繋がりの弱い箇所を触れて伝えてあげる。どんどん場所が変わる。

・青竹踏みに足趾のみのせて呼吸する。
 →ただ乗るだけではダメ。
  乗ってバランスが変わった所で良い位置を探して呼吸することが大事。

・バンドを恥骨が締まるように巻いて呼吸する。

・バンドを背中の意識の薄い高さで巻いて呼吸する。

前半で相手にどこを意識して呼吸しているか自分なりに誇張してやってみましたが

鏡で見ると思ったより表に現われていなかったのが印象的でした。

後半はSRさんと手技と合気の技について検証しました。

足を蹴る動作を誘導するときに陰経のラインを意識しないと

緩むだけで陰経が使えなくなりました。

しっかり意識して誘導すると緩んで使えるようになりました。

技に関しては前日に感じた、抜いてから付いていくということをお伝えしました。

これに関してはもう少し自分で検証していこうと思っています。



[PR]
# by aiki-therapist | 2017-12-01 21:30 | 呼吸動作研究会

2017.11.25 (土) 観照塾

 ・輪の太刀を鉄の棒で行う。
  →上まで呼吸で上げられているか。

 ・二刀剣で肩、肩甲骨が抜ける位置を探し続ける。

 ・大極棒で相手に合わせて付いていく。

今回は相手の動きのどんな方向にも付いていける状態にしておき、

技をかけるときも治療のときも一画目は相手に書かせることが大事だと感じました。

治療の時はある程度道筋をイメージすることは重要だが、

相手が緩み始めたら相手に付いていくだけで自分のイメージにはめようとした瞬間に違う。

技をかけるときも抜いた瞬間に道は現れそこに付いていくだけである。

抜いてから間を外すとその動きが無くなり技はかからなくなる。

相手にかけているのか、かけられているのかわからないぐらいが良いのかもしれないと感じました。

[PR]
# by aiki-therapist | 2017-12-01 11:37 | 観照塾

600万円のバンド!?

最高600万円の磁石入りバンド 3回目の行政処分 より引用させて頂きます。


高齢者に、高額な磁気治療器を販売している「ジャパンライフ」に、3回目の行政処分。

消費者庁は、磁気治療器などを販売するジャパンライフが、特定商取引法に違反していたとして、

その販売方法に対し、1年間の業務停止処分を行った。

高齢者を中心に、1つ100万円から600万円の磁石入りのバンドやネックレスなどを購入させ、

それを家族や友人に宣伝すれば、活動費として収入が得られると話していたが、

実際には契約書も交付されず、十分な説明がなされなかったという。
商品を購入した女性は「(毎月)100万円につき、5,000円の『活動費』がありますよと言われた。

(ジャパンライフが措置命令を受けているという説明は?)一度も聞いたことがない。

自社がすごく売れていて、発展しているという感じだった」と話した。


<引用終了>


月5,000円ですと年間6万円ということになります。

100万円で6万円だと6%。年利だとしたら凄いですね(笑)

磁石入りバンドを売りたいのではなく、ネズミ講のようなシステムを売りたいんでしょう。

夜の通販番組でも、羽毛布団に圧力鍋が付いてきたりする時がありますね^^;

なにが売りたいんや??と突っ込みたくなります。

お金のある方はこういう事があるみたいですのでお気をつけ下さい。


c0209238_23075021.jpg
なんか色々セットになってます。

[PR]
# by aiki-therapist | 2017-11-17 23:08 | 医療、健康関連