呼吸が首まで通っているか。

2014.05.24 (土) 観照塾


   ・ 鎖骨、肩甲骨下角の寄り、と首の関係

   ・ 自分だけが吸える位置、相手との真ん中に吸える位置、相手と一緒に吸える位置

   ・ 自分の軸を立てて、緩める。姿勢は崩さない

   ・ 吸って、緩めたときに相手から「の」の字の最初が出てくる。後は、ついていく。

   ・ 首の位置を決めたまま、自由に動けるか

   ・ 「へ」「タ」「レ」いずれの状態でも柔らかく動けるか


  今回は、首の位置と鎖骨、肩甲骨がどのように影響しているかを確認しました。

  胸骨やそれと同じ高さの背骨が動いていないことがわかりました。

  骨盤を丸めて首を浮かす時に力みがでて浮かないことがわかりました。

  胸骨あたりの呼吸がうまく通っていないので首まで呼吸が入っていない

  という課題が生まれました。
[PR]
by aiki-therapist | 2014-05-29 01:08 | 観照塾