腰ちゃんと使えてますか?

2017.12.24 (日) 呼吸動作研究会

今回はOAさんが「腰の動きって?」をテーマに行って下さいました。

 ・身体の前屈、後屈、左右の側屈、回旋の現状認識。
  →腰を意識したときと股関節を意識したときの差。
 
 ・杖などの長い棒を横にして腰、背中、大椎とだんだん上げていき身体を動かす。
 ・棒を立てて手を後頭部と仙骨に当てて身体を動かす。
  →条件を加えることによって動きがどう変わるかを確認する。

 ・仰向けで寝て身体の着き方の確認。

 ・仰向けで棒を横向きに入れて仙骨の辺りから上に当てる場所を変えていく。

 ・仰向けで棒を縦に入れその上でバランスをとる。

 ・正座で頭が床に着くように伏せ、そこから腰の下の方から順番に起こしていく。

 ・四つん這いで腰を反らしたり丸めたりして頭部まで連動させる。
  →棒を背中に入れて後頭部が棒に触れるようにして頭が下がらないようにして行い
   無いときとの連動の違いを感じる。

 ・2人1組で腰を反らす、丸める、中心それぞれで呼吸がどのように相手に伝わるかを検証する。

 ・全員で輪になって手を繋ぎ、呼吸を遠くの人まで伝える。

後半はOTさんから「アゴがどうしても上がってしまう」というテーマを頂きましたので

施術をさせて頂いた後、各関節をセンタリングして吸って、緩めて、吐くということを説明させて頂きました。

やはり「足の上げ方を科学する」が大事ですね。

[PR]
by aiki-therapist | 2017-12-27 14:31 | 呼吸動作研究会