身体が繋がるとタイムラグはなくなる。

2018.01.06 (土) 観照塾

 ・歩法のジグザグ。
  →現状認識
   足で蹴る様に回転するのではなく、股関節を解放する事で回る。
   体重を乗せていき反対側の股関節が解放できるぐらいに乗ると力を抜くと寄る。

 ・内縛の手を胸に当ててジグザグ。
  →手を置く高さ。(横隔膜より上か下か丁度良いところ)
   手首の角度。(きまっているか)
   肩甲骨を寄せながら肘を前に出す。

 ・剣を胸の所で横にもってジグザグ。
  →反りを手前に向けるか、奥へ向けるか。
   肩甲骨が寄る位置、胸からあまり離さない。
   手を決めながら肩甲骨で手を引き分けるように持つ。

 ・横に持った剣の真ん中を手刀で押さえてもらって歩法。
  →前に進む方も下がる方も常に陰経からの力で返し続ける。
   抜ける所がわかる。

 ・横に持った剣の中央あたりを両手でもってもらう。
  →横隔膜のセンタリングがうまくいくと陰経からの力が使える。
   横隔膜が締まって上がると壇中がきっちり動く。
   うまくいくと陰経の力が手に直結する。
   経路のどこかで止めていると陰経からの力が伝わらない、
   止まった所で陰経と繋がるように力を抜いてみる。

 ・両手持ちで合気上げから落とし。
  →下から陰経を通る呼吸力で上げる。
   呼吸が入って指先までいくと指が相手の腕に自然と沿う。

 ・剣を持ってもう一度歩法。

剣を持って相手に技をかけるときに師匠に肋骨が締まる感覚を教えて頂きました。

自分でセンタリングする事を意識して肋骨が締まり、壇中が動くと陰経と繋がり

手までタイムラグ無しに伝わる事がわかりました。

最後に歩法をしたとき仙腸関節の意識が外だったことに気付きました。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-01-11 01:44 | 観照塾