仙腸関節で引き分けると。

最近は剣で手の内を意識して稽古していたのですが、

ふと施術中に両手の引き分けを意識した時に仙腸関節でやってないなと感じ

仙腸関節で行うと「単に引き分ける」という感覚よりも「立体的に緩みをとる」

という方がしっくりくるなと感じました。

「剣」と人の「身体」という違いがあるので弛みの取り方も複雑になるのだと思います。

そこで剣の上げ下げと中段捻り込みの仙腸関節の感覚を比べてみると

剣の上げ下げでは気付かなかったのですが、仙腸関節の中で引きと攻めがあり

手から捻り込んでしまうとそれがわからなくなると言う事に気付きました。

感じたことを書いているだけなので間違っているかもしれませんが・・・

これからもっと検証していこうと思います。
c0209238_20044321.jpg

[PR]
by aiki-therapist | 2018-02-16 20:00