仙腸関節の幅より細く動く。

2018.02.24 (土) 観照塾

・足の上げ方を科学する。(ポイントのみ)
 →両膝を腹直筋が縮まないように浮かす。
  曲って浮いた膝を腹直筋を伸ばしながら伸ばして行き、膝が緊張しないところで畳に付ける。
  その位置で恥骨を寄せて大腿部を張って会陰から呼吸を吸って行く。
  会陰から頸の後ろを通って呼吸を吸い上げ、頭を一旦浮かして頸の位置を決めたままそっと下ろす。
  手を内博の形にして呼吸で上肢を上げて行く。肋骨が締まって伸びる位置を見つける。
  ※細かく足の上げ方を科学していないと繋がらない。

・正座で剣の上げ下げ。
 →まず、剣先を付けたまま吸って、吸って、緩めて吐く。
  恥骨を寄せて、大腿部を外に張る。
  呼吸で上がるところまで上げて緩めて吐いて、そこからもう一度
  吸って上げて行く(サイクリック・ヨガ的)

・上記を踏まえて合気上げ。

・歩法と剣
 →上下に上げ下げ。
 →剣を廻して正面打ち。
 →中段捻りこみ。
 →じぐざぐと剣の上げ下げ。
 →猿廻
 ※剣を降ろそうとして横隔膜が折れてしまう。
  中が落ちて剣が下りていくのを感じることが大切。

・正眼で構えて物打ちを両手で持ってもらう。
 →仙腸関節で袈裟に切る。

今回は師匠に座取りでたくさん技をかけて頂きました。

いつも説明して下さっている時も細かい動きだなと感じていたのですが

今回見せるという事をしないで技をかけて頂くと外からはほとんど見えない

という事を改めて感じさせて頂きました。

本当に小さく無駄が無く、それでいて仙腸関節はちゃんと動いているというのをみせて頂きました。

仙腸関節の幅よりも細く動いているようにみえました。
c0209238_17174202.jpg
新城幸也(あらしろ ゆきや)選手です。




[PR]
by aiki-therapist | 2018-02-28 17:22 | 観照塾