合気に必要なこと。

2018.03.10 (土) 観照塾

・中段で合気上げ、切り。
 →横隔膜を浮かす。
  恥骨を挟んで大腿部を張って、肘も張る。
  軸を伸ばしてゼロにする。
  仙腸関節で切る。

・正眼で合気をかける。
 →軸を立てて力を抜くと相手の行くところがみえる。
  肘を張って自分の緩みを取り切らないと峰・谷はみえてこない。
  押すも引くを相手次第。

・座位で膝の上から離陸。
 →軸を立ててゼロにすると相手の力の裏をとれる。
  相手の力の下を潜ろうとして身体が縮むといかない。
  ずれてからは手で行くのではなく、骨盤から入って行く。(手は最後)

・座位でたまたまの様にかける。
 →手を足につけたまま動かす、離れるとずれて動かなくなる。
  動かしているのは仙腸関節。

・空中に浮かして離陸。

・抜刀で身体の使い方、浮き腰。
 →鞘を持っている方も意識して肘を張る。(抜けない短刀)
  恥骨を挟んで、大腿部を張る。(浮き腰)
  身体の伸びで剣が抜ける。
  仙腸関節で動くときっちり合う。
  身体の伸びと仙腸関節で動くことを意識する。

合気をかけるためには、浮き腰の状態をつくることが大事で

それが抜刀の中に入っているということがわかりました。

恥骨を挟んで、大腿部を張るだけでは身体の緩みが取りきれず、

肘を張る=手の引きと攻めを意識することで緩みが取れるように感じました。

そうすることで曖昧だった峰・谷の感覚が出てきたように感じました。
c0209238_01520584.jpg
椅子から浮いてますね。笑

[PR]
by aiki-therapist | 2018-03-16 01:53 | 観照塾