相手に合わせて工夫する。

2018.03.25 (日) 呼吸動作研究会

進行役:K元さん テーマ「ゆっくり重心移動」

・自分の思うままに歩いて現状認識。
 →左右のぶれ。
  視線。
  呼吸との合わせ方。
  前後、左右の幅。
  重心の移動の仕方(後ろ足を蹴るのか、前足に引き付けるのか)

・三人一組で腕を持つ、持たれる、持っている人の肩などを触って現状認識。
 →持つ時にどこで支えているか。
  呼吸の始まりはどこか。(胸、腹、脚)
  触れる時にどこが緊張しているかわかるように触れる。
  触れる時に緊張が抜ける様に浮かす様に触れる。

・座位で呼吸。肺の膨らみやすさ、左右差の確認。
 →存在感がある方が呼吸が入っている様な気がする。
  通っている方が抵抗が無いので入っていない様に感じるかもしれない。
  実際に触って本当にそうなのか確かめてみる。

・足の指を反らして呼吸、掴んで呼吸。
 →呼吸の入り方の違いを感じる。

・足の指、足首を反らして呼吸。
 →足首を力で反らすと呼吸が入りにくい。
  力まずに反らせる位置を探す。(少し前にずらす)
  足を前に出した時に骨盤が丸まらない様に注意する。

・足の指、足首を決めたまま踵を自分の方にスライドさせて足の裏をつける。
 →見ないでできる、ピタッと止まるところがある。
  結果的に膝と足の爪あたりが一致する。

・座位で重心移動。
 →骨盤だけを横にずらす。
  身体の軸を意識して軸を崩さずに重心を変える。
  りんごが二個ずつ乗った天秤をイメージして一つずつ乗せ変えて行く。
  (重心の変化の間を感じる。)
  
・二人一組で恥骨を挟んで大腿部を張って呼吸する。
 
・はじめに行った現状認識をもう一度行う。

今回一緒にメニューをさせて頂いて、

足首の位置を見て決めるのではなく、スライドさせて行うのがいいなと思いました。

覗きながら行うと姿勢が崩れやすいので良い方法だなと思いました。

りんごのイメージのところは初めは「なぜ5個ずつじゃないんだ?」と

思いましたが、「あまりに細かくしすぎると訳がわからなくなるんだ」と気づき

すごく良く考えられているなと思いました。
c0209238_16315443.jpg
目線を合わせる事が大事ですね。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-03-28 16:33 | 呼吸動作研究会