常に付いていける体内操作。

2018.05.19 (土) 観照塾

・正座で相手の背中に触れて倒す。
 →そのまま触れた時と触れる寸前で止めて軸と立てて抜いて触れた時の違い。
  会陰が引き上げられた時の技のかかり方と情報の入ってくる量の差。
  手で動かさない。
  
・片手持ちで技をかける。
 →全ての指の意識がある。
  方向を決めない、決めた瞬間固まる。
  一直線の方向に感じるときは決め付けている。

・両手持ちで合気あげ。
 →肋骨を固めて吸い上げると会陰が引きあがらない。
  会陰が引き上がっていると小さい動きでロッキング・チェアができる。

・人差指を掴んでもらい抜いていく。
 →鍼の時の体内操作。
  会陰の引き上げで抜かれる。

・手のひらどうしで吸い付かせるように技をかける。
 →肋骨と肘の関係。
  呼吸と意念。

・治療の伸展の時の意識するポイント。
 →肩の前、肘の後ろ、前腕、手の甲など立体的に意識する。
  一つの経絡を伸展する時も周りの経絡を意識する。

今回は会陰はもっと引き上がる、肋骨で固めると通らないという事に気付きました。

会陰を引き上げるためにはもっと肋骨を緩めて動けないといけないし、

技をかけようとか、この方向(直線的)と決めた瞬間に肋骨が固まっている事に気付きました。

治療の時も技をかける時も付いていくの連続だと思いました。
c0209238_01530126.png
結果もついてくるといいなあ。笑

[PR]
by aiki-therapist | 2018-05-22 01:50 | 観照塾