あくまでも観察すること。

2018.05.27 (日) 呼吸動作研究会

進行役:OAさん テーマ:「呼吸の張りと背中の意識」

・仰臥位で現状認識
 →骨盤周り、肋骨の前後左右にどのように呼吸が入っているか触って確かめる。
  呼吸によって身体の中がどのように変化しているか観察する。

・丹田の上にくるように帯を巻いて呼吸する。
 →吸った時に帯の緩みが取れるところと取れないところを感じる。
  骨盤時計をしながらできるだけ均一に入るようにしていく。
  
・大腿中央くらいに帯を巻いて恥骨を締めて大腿部を張って会陰と百会が繋がる位置を確認する。
 →恥骨を挟んで、膝も寄せる。
  恥骨を挟んで、帯の緩みを取るように外へ張る。
  恥骨を挟まず、膝を寄せる。
  恥骨を挟まず、外へ張る。などが呼吸へどのように影響するかを観察する。

・肋骨の高さで帯を巻いて呼吸する。
 →肋骨の下側、横隔膜の位置で帯を巻く。
  胸郭の中央、膻中のの位置で帯を巻く。
  手で帯の緩みを取っておくと、呼吸した時にさらに緩みが取られる。
  
・足の裏に帯を引っ掛けて呼吸で上下の緩みをとる。
 →手に力が入らない持ち方の工夫。
  帯の緩みを呼吸でとったまま、力だけを抜く。

・二人一組で長座位で足裏同士を合わせ帯を持ってバランスをとる。

・二人一組で背中合わせで長座位になり、呼吸で背中を起こしたり倒したりする。

・椅子座位であやとり呼吸法。
  
今回は呼吸を観察するということに徹底されていた印象でした。

○○しようとすると固まるだけなので、このようにじっくり観察し

良い、悪いをあまり決めすぎずにすることが重要だと再認識しました。

観察→前提条件を変えてみる→変化を愉しむ→結果を観察する

最後の結果を観察するところの答えを決めつけてしまうと途中経過を

改ざんしてしまっているかもしれません。
c0209238_00310294.jpg

[PR]
by aiki-therapist | 2018-06-01 00:31 | 呼吸動作研究会