全ては力を抜く事から始まる。

2018.06.02 (土) 観照塾

・両手持ちで合気上げ。
 →自分の軸の伸びだけで相手を浮かす。

・蕾の手と孔雀のポーズで緩みをとってかける。
 →相手の持っている位置に合わせる。
  相手の持っているところでもう一度軸を立てる。

・片手持ちで技をかける。
 →力を抜くと肩、肘の角度が変わる。
  肩肘は落ちて角度が変わっているだけで、故意に落としてはいけない。
  中指中心に親指、小指が寄って中心ができる。
  身体の中が伸びて指先まで伸びていく。
  肩、肘は前に出ない。中が伸びて漏れ入る。

・複数人で片手持ち。
 →自分の中、相手の中の緩みを確実にとっていく。
  力が入っていると相手の中を透していけない。
  自分の中の伸びが意念の大きさ、広さになる。

今回は師匠が技をかける時の腕の力の抜け具合に驚きました。

自分は「呼吸する」「軸を伸ばす」「緩みをとる」といった時に

力が入っているということに気が付きました。

技をかける時に誘導して頂いて、軸以外がきっちり緩むと峰谷が現れ

その細い岩の割れ目のような所へ自分の中の伸びが伝わっていく事で

合気がかかるという体感をさせて頂きました。

今までの「無形以前」や今回の「孔雀のポーズ」の時に角度を決めようとして

力でやってしまっている事に気付きました。

軸を立てて力を抜いていく事で角度が決まっていくように練習しないといけないと思いました。
c0209238_00343701.jpg

[PR]
by aiki-therapist | 2018-06-06 00:35 | 観照塾