透る治療。

2018.06.03 (日) 中心塾

今回はUさんがモニターとして来てくださり、OAさんが担当して下さいました。

まず初めにうすらぼんやり相手の全体を感じる重要性を教えて頂きました。

これは第三者として見学させて頂いたお陰ですごくわかりやすかったです。

これを施術者になったときも行うためには「軸を立てて力を抜く」ことが大事ではないかと思いました。

施術するときはどうしても気持ちが入って視野が狭くなり、突っ込みがちになっていると思います。

相手の会陰、百会、軸が締まる位置、締まったまま緩んでいくように誘導することも教わりました。

自分の軸が伸びていく合気がきっちりかけられると、施術中に透っていく所が

各関節が締まったり、会陰などが締まる位置になるのかなと思いました。

途中で師匠のK元さんの娘さん(三女)に対する施術も見せて頂きました。

・短時間である程度決めないといけないのに焦らない。

・小さな子でも何をされているかわからないくらい力みがない。

施術後は背骨が良く伸びて軸が細くなっていました。

後半からは師匠に施術をして頂き、テイシンの使い方を教えて頂きました。

筆の扱いと同じく、手首を決めたまま手の中で転がしながら

手の内の労宮あたりが動いてくることが大事だと思いました。

手の中が緩んでより細かく動いてくると、ここという位置が以前よりハッキリしてきたように感じました。

前日の観照塾で感じた「力がきっちり抜けて中が伸びて合気をかける大事さ」が

施術に於いても重要であることを感じました。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-06-06 02:16 | 中心塾