肘の意識と使い方。

2018.07.07 (土) 観照塾

・手ほどき技。
 →合気をかけるまでの体内操作。
  緩みをとりきる。
  肘をうまく使って力を抜くと手がぬける。

・指一本一本意識して相手に入れていく。
 →親指−腹、吸い込み。
  人差し指−方向。
  中指−中心、相手の首。
  薬指−浮かすと呼吸が入り横隔膜が上がる。
  小指−最後の最後で効かせる。
  順番に決めていき労宮を意識できる状態で薬指を浮かすと呼吸が入る。
  中指、中心を決めたまま労宮を中心に刻々と変化する、固めない。

・両手を合わせて、返してかける。
 →労宮中心で親指小指の引きと攻め。
  骨盤ではなく、仙腸関節でずらす。
  心の綱の掛け方と仙腸関節主導に手がついてくる感覚。
  手の中の引きと攻めと両手の引きと攻め。

・拳の指の緩みをとって落とす。
 →握ると握った所だけになる。
  相手の背中の緩みをとって、その流れで手背・指の緩みをとる。
  落とすときに軸が無くなりやすい。

・折れない腕を肘で落とす。
 →肩の力を抜ける位置に横隔膜、軸の伸びで浮かす。
  腑に落ちる肘の角度。
  相手の皮膚の緩みを取るように引き摺り込んでくる。
  剣の上げ下げと同じ。

今回は肘の張り、意識の大切さを実感しました。

肘をうまく使うためには肩の力が抜けていなければならない。

太極棒の「発勁」「雑巾絞り」「チンチン」etc
体操の「噴水」「蕾と花」etc
剣術の「捻りこみ」「相架け」「袈裟斬り」etc
すべてに於いて肘を意識するのとしないのとでは大違い。

ということを感じました。
何を意識して稽古するかが大事だと思いました。
c0209238_00560459.jpg
肘が秘事なり!ですね。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-07-12 00:57 | 観照塾