骨盤主導で動く。

2018.07.22 (日) 呼吸動作研究会

今回は私が進行を担当させて頂きました。

テーマは「諸々の臨界点と骨盤時計」でした。

・二人一組で相手の背後から肩に触れて揺れて伝わりを現状認識。
 →手で動かしていると相手がどう動くか。
  相手の身体のどの部分まで意識できるか。
  自分の身体の動きはどうか。

・仰臥位で骨盤時計。
 →骨盤を動かすのに力んでいないか。
  首までの繋がりはどうか。
  呼吸はどこまで入っているか。

・腰に座布団を入れてもう一度骨盤時計。
 →特に丸める時に腹直筋を固めやすいので力を抜いて丸める。
  反る、丸めるの臨界を感じる。少しずつ変化させる。
  座布団(背中)の意識を切らない。

・骨盤の反らす動きを背骨一つ一つに伝えていき、尾骨と大椎でブリッジする。
 →骨盤(丹田)との繋がりが常にあるか。
  胸で先に反らしてしまうと動きが飛んでしまう。
  両肘を手で持って呼吸に合わせて挙げていき垂直の所で肩の力を抜く。
  下ろしていく時も力を抜いて繊細に。

・骨盤の丸める動きを背骨一つ一つに伝えていき、大椎以下を浮かせる。
 →上記の下ろしていく動きで力がしっかり抜けているかが大事。
  膝と足の裏でバランスをとる。

・仰臥位の骨盤時計で首までの繋がりを感じて力を抜いて動く。

・サイドで骨盤の動きを首まで伝える。
 →12時6時の動きがバランスの変化で3時9時に変わる。
  床に付いている側をしっかり意識する。
  小さく動いても身体の中がちゃんと動くようにしていく。

・サイドで骨盤の動きで手を大きく回す。
 →手をできるだけ大きく回す。
  肘を意識して動かすと骨盤、肋骨が連動する。
  切り替わる所を意識する。ちょっとずらして力を抜く。

・初めの現状認識がどう変化したか、感覚の違いを味わう。

今回印象的だったのは、サイドポジションになった時に皆さんが綺麗な姿勢だったことです。

骨盤の動きを丁寧に首まで伝えていくことの大事さを改めて感じました。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-07-27 23:58 | 呼吸動作研究会