薄筋と後頭下筋と身体の軸。

2018.07.28 (土) 観照塾

・離陸、膝の上でタマタマ、相手を浮かしてから仙腸関節でズラしていれる。
 →合気の基本となる技。現状認識。

・前腕を両手で持ってもらう。
 →呼吸で手を浮かして最低保証。
  肩が抜けると肘の位置が変わり、肘が変わると手首が変わる。
  相手の両手をズラしてとることによって分け目が生まれ、一つにまとめられる。
  自分の丹田に落としながら緩みを取らないと、複数のベクトルを合成して攻めれない。

・「へ・タ・レ」尾骨と後頭骨でブリッジ。
 →肩と膝の抜ける位置。
  肘と丹田(腹)が繋がる位置=雷刀の位置。
  吸って、緩めて、吐く。では後頭下筋が決まらない。吸って、吸ってが大事。

・ヨガのポーズの基本。
 →薄筋と後頭下筋を繋げて倒れていく。
  手で身体を支えない、手は浮かせられる。
  孔雀のポースの最後、無形以前の途中、ローズちゃん等と同じ。

・後頭下筋と薄筋が繋がった状態で合気をかける。
 →薄筋と後頭下筋が繋がって軸をタルませず力を抜くと瞬間に峰、谷が生まれる。
  
・片手持ちで合気をかける。
 →労宮を中心に引きと攻め。
  入れるときも抜くときも常に引きと攻め。
  引きと攻めをして相手の反応によってその割合が変わり、入れる・抜くになる。
  相手の力を自分の中心で攻めて返しておく。(軸ができていると勝手になる)
  
今回は

・薄筋と後頭下筋が繋がって軸が出来ているか。
・吸って、吸ってで後頭下筋と繋がる。
・「臨界」には
 1、関節の緩みが取れる臨界。
 2、丹田・腹との繋がりが切れるか切れないかの臨界。
 3、薄筋・後頭下筋との繋がりでの臨界。があるように感じた。
・労宮を中心とした引きと攻めを常に感じる。

ということが大事だと感じました。
c0209238_01012942.png
色々な軸がありますね。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-08-01 01:02 | 観照塾