指を張る、伸ばす。

2018.08.25 (土) 観照塾

・合気養成ギプスをつけて労宮の裏を押さえてもらう。
 →まず張らずに労宮に集める、馴染む。
  労宮を抜かずに指を張る。
  指を張りながら肘の中まで抜く。
  手首を決めて方向を合わせる。

・片手持ちで親指から順番に相手の中に入っていく。
 
・備前玉を持って孔雀のポーズ。
 →労宮虚で指を伸ばす。

・お互いに五指を合わせて相手に入れる。
 →労宮虚と指先の意識。

・肩を五指で包んで持って合気をかける。
 →五指を均一に使う。
  相手を浮かせる方向に軸を伸ばす。(自分だけの軸ではない)
  
・合気上げから切り。
 →指先を上に向け過ぎると肩に力が入る。
  中心へ寄せながら落とす。

・片手持ちで合気上げ、切り。
 →仙腸関節で動く。
  
・折れない腕を切る。
 →皮膚の緩みをとる。
  当たる瞬間に緩みをとる。
  始めはきっちり呼吸に合わせて行い、後からはイメージするだけで
  身体の中がその通りに動く。(意念)

今回は
 ・指を張りながら肘などの力を抜く
 ・労宮虚で指がしっかり伸びていないと肩の力が抜けない
 ・丁寧に体内操作をしておく事でイメージしただけで中がその通りに動く
 ・仙腸関節が動いていない

ということを感じました。
仙腸関節で動く感覚が今まで太すぎたという事がわかりました。
足の指を反らして仙腸関節で動く状態で水車勢、捻りこみなどを練習しようと思いました。
c0209238_00361711.jpg
こんなもので伸ばしても意味はありません。笑

[PR]
by aiki-therapist | 2018-08-29 00:37 | 観照塾