体内操作、呼吸、意念は当然という状態。

2018.09.02 (日) センタリング・タッチ研究会

前回に続き今回も師匠の秘密基地にお邪魔して治療を見学させて頂きました。

・身体が変わって、心も変わる。

・体内操作を厳密に行うときとある程度意念でやっているときがある。

・相手の状態(心・身体)の状態を常に意識されている。

・備前焼のコレクションをみせて頂き、中心感覚の差を感じた。

・音楽で感覚が変わる

以上のように感じました。

治療においては普段、自分は体内操作と相手の身体のバランスを感じるので精一杯で

相手の深いところまで感じとれていなかったことがわかりました。

備前焼や刀を持たせて頂きましたが自分の中心感覚にあったものが集まってくるように思い

師匠との差を感じました。(当然ですが……笑)

BGMに関しては以前からチェンバロの良さについて師匠からお伺いはしていましたが、

そのときはあまりピンと来ていませんでした。

ですが、前回バッハのチェンバロをお聞きした後自分の好きなジャズと比べてみると

テンポはどちらも速いのにジャズでは力が抜けませんでした。

以下少しチェンバロについて


違い その2.「音の特徴」

チェンバロの演奏では、ピアノの演奏にはない「サッ」という音が聞こえます。これは、ジャックがジャック自体の重みで落ちる(ジャックが戻る時の)音がわずかに出るためです。(ジャックが戻る時は、プレクトラムが弦を回り込むようになっているので、再び弦が弾かれることはありません)

また、チェンバロ程たくさんの倍音(ばいおん:基本となる音の周波数の倍の周波数を持つ音)を含む楽器はない、と言われる程、チェンバロはピアノよりはるかに多くの倍音成分を含んでいます。
これもチェンバロの音の特徴で、チェンバロらしい音色を構成する要素の一つになっています。
ピアノはこの倍音をできるかぎり少なくし、純正の音のみをキレイに出せるように作られたと言われています。(強い音で弾いたり、ペダルを使用すると倍音が増えますが)

違い その3.「演奏技法」

チェンバロはその構造上、音の強弱を付けることができません。それが初期のピアノであるフォルテピアノの発明に至る一因にもなりました。
フォルテピアノは強い音(フォルテ)も弱い音(ピアノ)も出せる、そして音を長引かせるペダルもある、チェンバロにはない特徴を持った画期的な楽器だったのです。

チェンバロは、音の強弱ではなく、アーティキュレーション(それぞれの音の結び付け方や区切り方)や、アゴーギク(速度を速くしたり遅くしたりと微妙に揺らし、音の表情や動きに変化をつける技法)を駆使して、繊細なタッチとしなやかなリズム感を表現して演奏します。

上記の「多くの倍音成分を含んでいる」や「音の強弱を付けられない」といったところに

チェンバロの妙があるのかなと思いました。

磨き上げられた中心感覚で選び抜かれた数々の道具たち(剣、音楽、香り、仏像など)によって

全自動になるあの『場』が創られていることを実感した1日でした。
c0209238_03304628.jpg
もっと無意識に「なっている」状態にしないと^^;

[PR]
by aiki-therapist | 2018-09-08 03:24 | 中心塾