センタリングは三歩進んで二歩さがる!?

2018.09.23 (日) 呼吸動作研究会

進行役:K元さん

テーマ:呼吸と脱力でセンタリング

・現状認識
 →椅子に座って左右に体重を移し替える。

・足を前に出して、足首の角度を変えて呼吸の入り方をチェックする。
 →呼吸が入る位置(足首が決まった位置)を変えずに自分の方に寄せて来る。

・体重の移し替え(左右)の幅を感じる。
 →完全に片方に乗り切ってしまう。
  反対側の坐骨に意識を残して移動させる。
  反対側の恥骨、坐骨を寄せて移動させる。
  中心と耳、鎖骨の真ん中のラインを意識する。

・足の内股・外股・真ん中で呼吸。
 →つま先支点、踵支点、足の真ん中(労宮?)支点でどう変化するか。
  前足底と踵の引きと攻めで足の労宮ができる。
 
・体重を右に寄せて左足を浮かせる。
 →中心で吸って軸をつくって寄せる、軸を移してから吸って軸をつくる。
  軸を寄せてから左側の力を抜く。(個人的には軸を残して両側抜く方が良いと感じました)
  
・左側をイメージで行う。

・つま先と踵を柱の角に当てて呼吸する。
 →下を向かない。
  吸って上げて、緩めて、吐きながら下ろす。
  柱の中心を意識する。
  一番前と後ろの感覚を再認識することで足の真ん中を感じやすくなる。

・姿勢が決まっている時と決まっていない時で足の安定感が違う。
 →座った姿勢で足を持ち上げようとしてもらう。

後半はそれぞれ分かれて手技の練習を行いました。

今回は
 ・引きと攻めがあって足の労宮を意識できる。
 ・センタリングする以前の前提条件が大事。ということを感じました。

 左右のセンタリングをするためには前後のセンタリングが出来ていないといけないし、
 前後をするときは左右が出来ていることが前提である。
 だからこそすぐに出来ないし、完璧はない。
 そして何回も行ったり来たりしないといけないのだと思いました。
 
c0209238_22474326.jpg
小さなことからコツコツとですね。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-09-30 22:48 | 呼吸動作研究会