細かなセンタリングと会陰の引き上げ。

2018.10.20 (土) 観照塾

今回はM岡さんが太極棒、太極棒以前について教えて下さいました。

・前屈し膀胱経を伸ばしながら会陰を引き上げできるだけ天井に向けていく。
 →恥骨、会陰、肛門をバランスよく締める。
  膝の力を抜く。
  肩甲骨の力を抜く。
  会陰を引き上げたまま腰から順番に起き上がってくる。
  
・太極棒を重量挙げのように引き上げ伸ばしていく。
 →骨盤時計、ロッキングチェアーでバランスをとって上がる位置を探す。
  背骨ひとつひとつの高さでセンタリングしながら透る場所を探す。
  会陰と肩甲骨が寄る位置。

・太極棒「発勁」で押せるか。負荷をかけてもらう。
 →会陰と肩甲骨が寄る位置。
  会陰からセンタリングしながら呼吸がとおる所を確認しながら吸い上げる。
  肋骨、横隔膜、鎖骨が浮いて頚が決まる。
  締まって引き上がると手の内が変わってくる。

・体操「逆戻りする噴水」に負荷をかけてもらう。
 →会陰の締まり、引き上げであげる。
  骨盤の反る丸めると肩甲骨の位置。

・片足立ち(片足寄せ)で「雑巾絞り」「発勁」。
 →片足に寄せて立つ。
  会陰を引き上げて伸びる。
  立つことを目的とせず、中が寄って伸びると片足立ちになる。

・太極棒を持って歩法「つま先歩き」。
 →会陰の寄せ、引き上げでつま先立ちになる。
  歩幅が寄ったままで動ける歩幅になる。細かくなる。
  頚まで決まったまま歩ける。

・歩きながら袈裟切り、猿廻。
 →会陰、身体の寄せや引きあがりで動く。

・座位で剣の上げ下げ。

今回は今までよりも細かく恥骨側、会陰、肛門側それぞれが締まる位置を

センタリングしながら確認することができました。

下が変わると背骨ひとつひとつのセンターや肩甲骨の位置が変わり

会陰の寄せ、引き上げで呼吸が上がる感じがわかりました。

ただ単に締めるのではなく、センタリングすることでより均一に寄ることによって

結果締まっていくということがよくわかりました。

もっと細かくセンタリングしないといけないなと感じました。
c0209238_22374506.jpg
引き上げのイメージ。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-10-23 22:39 | 観照塾