人気ブログランキング |

寄せて動くと技になる。

2019.01.26 (土) 観照塾

・歩法(羽ばたき、腕回し、玉たたき、袈裟斬り)
 →坐骨、恥骨を寄せて会陰を引き上げることで手をあげる。
  骨盤、肋骨の寄りや締まりで肘の位置が変わる。
  一本の線を骨盤ではさむように歩く。

・両手持ち。
 →呼吸が相手に伝わるか。
  骨盤の寄せの力。

・離陸。
 →骨盤を寄せて相手の首へつける。
  きちんとつけて力を抜けると相手の動きがわかる。
  最初の一画目も決めつけない。

・座位で片手の順手取り、交差取り。
 →次から次へとかける。
  手は関係なく、骨盤を寄せて動くと技になる。
  手の先まで呼吸で伸びる。
  心の綱は骨盤の寄せから生まれる。

・人差し指を握ってもらう。
 →始めは手を使わないことに集中。
  指の掌側と背側の緩みをとり、労宮で引きと攻めをしながら斬る。

・手首を親指、人差し指ではさむ。
 →二点の中心をつくる。
  できた中心(分け目)で攻める。

今回は恥骨、坐骨を寄せて腰椎5番を入れて相手の首へつける重要性を感じました。

by aiki-therapist | 2019-01-31 04:06 | 観照塾