人気ブログランキング |

身体を呼吸で膨らます。

2019.01.27 (日) 呼吸動作研究会

・現状認識として座位で足の裏に帯をかけて浮かす。
 →どこに力を入れてしまっているか。
  上がる時の重さ。
  浮かした状態で呼吸が入るか。

・座布団を腰の高さで仰臥位、側臥位、腹臥位で敷いて呼吸する。
 →敷いたのを押すように呼吸を入れる。
  座布団の反対側(上)に呼吸を入れる。
  前後、左右に動いて座布団の当たる場所を変える。

・座布団を肋骨の高さで仰臥位、側臥位、腹臥位で敷いて呼吸する。

・側臥位で脇の下に座布団を入れて呼吸する。
 →呼吸に合わせて手(肘)を動かす。
  
・大腿部に帯を巻いて呼吸する。
 →足の力で外に張った時と一旦呼吸を吸って緩めて吐いたときに生まれる張り
  との違いを感じる。
  帯の緩みを取ったまま骨盤時計。
  
・帯を足底に引っ掛けて足の上げ方を科学する。
 →前足底のあたりにかける。
  呼吸で全身を協調させて膝、股関節を曲げる。
  膝、足先の方向を修正しながら曲げて行く。
  緩めて伸ばして行くときに帯を緩めない。張りを保つ。
  前足底に帯があるので踵が出て行く。

・もう一度現状認識に戻る。
 
終了後の質問
 Q 身体を締めるためには?張ると締まるの意識。
 A 外へ呼吸で張ることで中へ締まる動きが生まれる。(引きと攻め)
  ガワの動きと中の動き。
  力で締めようとすると中の動きが無くなり固まってしまい締まらない、伸びない。

 Q横隔膜は息を吸って肺が膨らむと下にさがるのでは?
 A普通に呼吸をしていると(平常時)横隔膜は下がっていくが、
  呼吸を吸い上げることで横隔膜の中心が下がったところから全体で上にあがる。
  慣れてくると一旦下がる過程を通過してしまっているのかもしれない。
  吸って、吸って、緩めて、吐くで二回吸う理由になっているのかもしれない。

 Q非常に細いストローを使って呼吸すると中は自然と締まっているのか。
 A締まる吸い方も出来るし、締まらない吸い方もできる。(姿勢による)
  これだけでは必然的に締まるとまでは言えないと感じた。
  もう少し前提条件を限定する必要を感じた。(例 このストローでシェイクを飲むなど)

後半は帯でやった足の上げ方を科学するの流れから
膝のセンタリングなどで治療との関連性を研究しました。

by aiki-therapist | 2019-02-02 01:20 | 呼吸動作研究会