伸びが極まり、転換が生じる。

2019.02.02 (土) 観照塾

・腰椎5番を入れて剣の上げ下げ。
 →左手を下に押すのと腰椎5番を連動させる。

・城郭勢で正面打ちを受ける。
→まず刀防で受ける。
骨盤が締まって腰椎5番が入る受ける角度(真横、右上、右下)
普通に持って受けてから5番で相手に入れて仙腸関節でかえす。

・正面打ちを正眼で受けて返す。
→受けた物打ちで意識を止めない。
5番を入れて中を伸ばす。

・傘を作って受けて返す。
→手は縮めているが中は伸ばす。
中の伸びが足りないと次打つ時の刃筋が決まらない。

・剣を振りながら歩法。
→肋骨、胸、鎖骨まで下の力を感じるか。
伸びが頂点に達するから転換が生じる。
・骨盤を修正してもらう。(あぐら燕飛)
→骨盤の前後、左右で5番が入る位置はどこか。
修正してもらった後の燕飛のしやすさ。

・剣を振りながら歩法をもう一度行う。

今回は骨盤を締めて5番を入れるや転換が生じるまで伸びるということが
大事だと感じました。

by aiki-therapist | 2019-02-06 13:55 | 観照塾