人気ブログランキング |

呼吸がどの高さまで通ってるか。

2019.06.22(土) 観照塾

・タマゴを持って座取り両手持ち。
 →指先を意識する。
  手を浮かさない。
  仙腸関節で動く。

・タマゴを持って座取り片手両手持ち。
 →労宮、手の中の軸で緩みをとる。
  
・片手両手持ちを浮かして。
 →浮かすと途端に難しくなる。(支点がなくなる、ブレる)

・たまご型のマラカスを丹田で振る。
 →手で振っても意味がない。
  徐々に丹田と全体が動き出す。
  
・立位で両手を持たれた瞬間に入れて落とす。

・片手持ちで手の甲を意識して緩みをとる。
 →相手と自分の丁度いいところを通っていく。
  身体に力みがあると丁度いい所に行かない。
  肋骨が前に出て横隔膜が締まって上がってない。
  胸鎖関節あたりが動いてない(軸が太い)

・両手の掌側を持ってもらう。


前回の時から相手に入れる、伸びる方向は意識しているが

抜く、吸い込む方向ができていないのではないか?と感じていました。

吸い込む為には自分のセンタリングができてもっと軸が伸びて

締まっていないといけないと感じました。
c0209238_01053958.jpg

by aiki-therapist | 2019-06-26 01:05 | 観照塾