人気ブログランキング | 話題のタグを見る

セン、足りん、愚。

2021.11.11 (木)  吹田道場 特別講習

・仰向けで膝を立ててゆっくりと数ミリだけ足の裏を浮かす。

・数回足の裏を床から浮かすが毎回楽な膝の位置が変わる。
 →足の裏の感覚が変わってくる。

・床につけるところを足の裏から踵に変える。

・膝の内旋や傾きなどの癖に気付く。

・足首、膝などをセンタリングしてから浮かす。
 →呼吸で動作して緩めるを繰り返すことでセンタリングされてくる。

・身体を捻るように膝を倒す。
 →行きにくい所で負荷をかけてもらって緩めたタイミングで解放してもらうと緩む。

・頭を浮かしたり、肋骨を浮かしたりして呼吸が通る位置を探す。

・整ってくると呼吸を吸うだけで身体が締まる感覚がわかってくる。

 →フェルデンクライスの「足の上げ方を科学する」を呼吸の力だけで行う
  ということがすごくわかりやすかった。
  呼吸で動く前に動いてしまっていることが顕著にわかった。
  今回の自分のテーマである「身体を締めるのではなく、締まる」の答えだと感じた。

・上記の事を自分でやっている所を補助して頂いたり、途中で施術をして頂いた。
 →施術において「ただ緩めてもらう施術」と「被施術者が力を抜くのを補助する施術」
  の違いを体感させて頂いた。
  被施術者が「能動的に緩めようとすること」と「緩めようとする時のクセに気付くこと」
  がとても重要だと感じた。

・全員が施術して頂いた後、座とりで離陸をかけ合ってみた。
 →お互いの芯が細くなっている為、いつもの感覚でかけると全くかからない。
  そして、相手の固まっている部分もありありと感じる。
  自分の今の現状を思い知る。

・「無駄な力を出来るだけ抜いて呼吸すれば身体は自然と締まる。
 普段、余計なことをしてその動きを邪魔しているのでは?」という仮説を立てていたが
 半分正解という感じであるということがわかった。
 それだけでは合気をかけるには至らず、臀筋間、ももしり界、腰椎5番、身柱、亜門、百会、
 ヴィーナスのエクボ、合気の起点、上星などを力まずにきめて細くする必要がある。

by aiki-therapist | 2021-11-22 02:38 | 合気観照塾 吹田道場