人気ブログランキング | 話題のタグを見る

胸の開合と背骨の動き。

2022.10.13 (木)  吹田道場 特別講習会

・立位でタマタマ 現状認識

・立位で扇子回し
 →胸の開合。
  肘を大きく使う。
  手のひらもよせて、開く。
  肋骨、横隔膜を動かす。

・立位で鳥と亀(蛇の皮脱ぎ)
 →肩、肩甲骨を動かす。
  蕾の手で接触し続ける。
  首の位置を決めて動く。

・立位で花と蕾
 →中を伸ばす。
  視線を使う。
  指を伸ばして寄せる。

・座位で膝をさする。
 →骨盤で動かす。
  密着させて動かす。
  前後、左右で背骨を柔らかく使う。

・座位で蕾の手で指先を立てて手首を回す。
 →身体の中をよせて、手をよせる。

・座位で離陸の動き。
 →親指、小指を寄せる。
  身体を緩める。(吸い込み)
  背骨を自由に動かす。

・座位で蕾の手で右、左に3時9時で擦り続ける。
 →手の甲の皮膚感覚。
  軸を伸ばす。
  皮膚の緩みをとる。

・座位で膝の上に手を置いて蕾の手でタマタマで技をかける。
 →指を伸ばして点にして肩の力を抜く。

・座位で手のひら側を上で蕾の手を曲げてとる。(倒して胃経伸ばし)

・立位で蕾の手をクロスして相手をとる。
 →相手が一つにまとまるところまでクロスしていく。
  指を伸ばして、手首を曲げて皮膚の緩みをとる。
  合気のキテンでせめる。
  
・施術で皮膚の緩みを肘でとるの実演。

・座位で空中離陸から手を外から内に手を回していれる。
 →身体の中を伸ばしながら相手の腕に絡めながら入っていく。

・座位で膝の上から離陸。
 →親指、小指を寄せて薬指で跳ね上げる。

・座位で片手持ち。
 →指の使い方。
  肘を意識する位置での違い。

・座位で手のひらで挟んでかける。
 →手の甲と手のひらの感覚。
by aiki-therapist | 2022-10-20 17:07 | 合気観照塾 吹田道場