人気ブログランキング | 話題のタグを見る

骨盤時計から。

2023.10.15 (日)  中心塾 城東教室

・座位で呼吸の現状認識。

・五指の指先をドーム状に合わせる。
 →一本ずつ押して呼吸をして入り方の違いを感じる。

・後頭部に手の平を当てて後ろに倒れる。
 →中指が瘂門に当たる様にする。

・指を交互に挟んで寄せながら肘の方に引きながら呼吸をする。
 →肘の向きと肩の位置。

・拳の基節骨のあたりを上前腸骨棘のやや外側に当てる。
 →肩、肘が自由に動かせるか。
  手首の曲がり方はどうなっているか。

・外縛で手を組み、一本ずつ合わせてから戻す。

・内縛で手を組みロッキングチェア、パドリング。
 →骨盤と連動して動かす。
  手首をのところを付ける。

・片方の手を大腿部の上で手の平側を伸ばす。
 →一人合気。
  肩、肘の力を抜く。

・肘を曲げて、手の小指側を後頭下筋のあたりに当てて肘を寄せて呼吸で上げる。
 →横隔膜が上がるように。
  肋骨が寄って上がる。
  頭を後ろに、手で頭を押して拮抗させる。
  
後半

・指を組んで肘が横の状態で肘を押して貰う。
 →骨盤を丸めて吸い込み、反らして返す。

・歩法のスケーティング。
 →骨盤の傾きで重心を変える。
  ロッキングチェアの延長で足をつく。

・歩法の鉄球運び。
 →骨盤を丸めて足を出し、反りながら足に体重を乗せていく。
  股関節のくわえ込みを注意する。
  足の裏に重みを感じる。
  手首を決める。

・歩法の巻きつけ。
 →股関節くわえ込み。
  身体がしなやかに動くと手の当たる音が変わる。

・体操の階段。しゃがむ。
 →後側を使う。前を使わない。
  その為の骨盤の向き。(反る丸めるのセンタリング)

・剣の上げ下げ。
 →無形の位で骨盤は丸まる。
  丸める、反らすで上げ下げする。
  引き切りが出来るかどうか。(骨盤を丸めて身体が締まる)

・仰向けで寝て、骨盤を丸めて身体を巻き上げていく。
 →身体の後ろ側を使う。
  臍下を中に入れる。

今回、命門が凹んで固まるくらい反りすぎて骨盤を丸めることが
出来ていないことがわかりました。
by aiki-therapist | 2023-10-20 00:37 | 中心塾