人気ブログランキング | 話題のタグを見る

軸を立てる、軸を細くする以前。

2023.11.19 (日) 中心塾 城東教室

・座位でロッキングチェア。
 →手の力が抜けていると身体の動きに連動して前後する。
  後頭部を意識する。
  膝上に置いた手の向きを変えて呼吸の変化を感じる。(掌を上や下、小指側をつけるなど)
  毎回肩、肘の力を抜く。

・ロッキングチェアで片足を浮かしておろす。

・座位で左右に重心を移して呼吸。
 →右肺と左肺の呼吸の入り方の変化を感じる。
  横向きで寝っぱなしだとどうなるか。

・前にならえの位置に手を上げて呼吸する。
 →手の向きを変える。(幽霊の手、止まれ!の手)
  止まれ!で親指を曲げるとどうなるか。(指が与える影響の大きさ)

・神様などに捧げるポーズ。
 →指の向き。
  手首の反らし具合。
  指が伸びているか。
  視線。
  肘の向き、位置。
  骨盤、肋骨など身体で上げる。
  両手の引き分け。

・後頭部に手の小指側を当てて肘を上げる。
 →肘が前に向く。(肋骨が締まる)
  後頭部の意識。(手と後頭部で引きと攻め)

<後半>

・相手と接触した時にどうなっているかを見せて頂きました。
 →腹や足の裏までいちいち落としていない。
  (すでに透る身体なので自動でアースされている?)
  しかし、腹や足の裏に落とすのが出来ていないとできない。
  
・座っている段階で既に太ももの前に力が入っている。
 →背骨に呼吸が入っていない。
  (I川さんに噴水で負荷をかけて頂きながら誘導して頂くとマシになった)

・インド舞踊。
 →足先を開いて膝を伸ばしていって寄せる。
  恥骨を奥へ入れる。(膝を寄せた時に恥骨も寄る位置)
  手の甲を腰に当てる。(親指と人差し指で三角を作る)
  全然膝が寄らない、骨盤が開ききっている。

・I川さんに施術の練習をさせて頂く。
 →師匠は触れただけで弛んでくる。
  自分は相手の重みと自分の腕を頸で吊るせていない。
  頸で吊るして軸を伸ばしていく。(伸展になる)


前回腰が反りすぎていたのでそれを修正していたのですが、
肋骨も締まらないと反り腰は治らないのではないかと考えていました。
しかし、そもそも骨盤が締まっていないので何をしてもダメな状態でした。
身体を筒のようにしないと軸を造ったり細くしたりなんて出来ないのだと感じました。


by aiki-therapist | 2023-11-23 03:38 | 中心塾