2018.09.23 (日) 呼吸動作研究会

進行役:K元さん

テーマ:呼吸と脱力でセンタリング

・現状認識
 →椅子に座って左右に体重を移し替える。

・足を前に出して、足首の角度を変えて呼吸の入り方をチェックする。
 →呼吸が入る位置(足首が決まった位置)を変えずに自分の方に寄せて来る。

・体重の移し替え(左右)の幅を感じる。
 →完全に片方に乗り切ってしまう。
  反対側の坐骨に意識を残して移動させる。
  反対側の恥骨、坐骨を寄せて移動させる。
  中心と耳、鎖骨の真ん中のラインを意識する。

・足の内股・外股・真ん中で呼吸。
 →つま先支点、踵支点、足の真ん中(労宮?)支点でどう変化するか。
  前足底と踵の引きと攻めで足の労宮ができる。
 
・体重を右に寄せて左足を浮かせる。
 →中心で吸って軸をつくって寄せる、軸を移してから吸って軸をつくる。
  軸を寄せてから左側の力を抜く。(個人的には軸を残して両側抜く方が良いと感じました)
  
・左側をイメージで行う。

・つま先と踵を柱の角に当てて呼吸する。
 →下を向かない。
  吸って上げて、緩めて、吐きながら下ろす。
  柱の中心を意識する。
  一番前と後ろの感覚を再認識することで足の真ん中を感じやすくなる。

・姿勢が決まっている時と決まっていない時で足の安定感が違う。
 →座った姿勢で足を持ち上げようとしてもらう。

後半はそれぞれ分かれて手技の練習を行いました。

今回は
 ・引きと攻めがあって足の労宮を意識できる。
 ・センタリングする以前の前提条件が大事。ということを感じました。

 左右のセンタリングをするためには前後のセンタリングが出来ていないといけないし、
 前後をするときは左右が出来ていることが前提である。
 だからこそすぐに出来ないし、完璧はない。
 そして何回も行ったり来たりしないといけないのだと思いました。
 
c0209238_22474326.jpg
小さなことからコツコツとですね。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-09-30 22:48 | 呼吸動作研究会

骨盤主導で動く。

2018.07.22 (日) 呼吸動作研究会

今回は私が進行を担当させて頂きました。

テーマは「諸々の臨界点と骨盤時計」でした。

・二人一組で相手の背後から肩に触れて揺れて伝わりを現状認識。
 →手で動かしていると相手がどう動くか。
  相手の身体のどの部分まで意識できるか。
  自分の身体の動きはどうか。

・仰臥位で骨盤時計。
 →骨盤を動かすのに力んでいないか。
  首までの繋がりはどうか。
  呼吸はどこまで入っているか。

・腰に座布団を入れてもう一度骨盤時計。
 →特に丸める時に腹直筋を固めやすいので力を抜いて丸める。
  反る、丸めるの臨界を感じる。少しずつ変化させる。
  座布団(背中)の意識を切らない。

・骨盤の反らす動きを背骨一つ一つに伝えていき、尾骨と大椎でブリッジする。
 →骨盤(丹田)との繋がりが常にあるか。
  胸で先に反らしてしまうと動きが飛んでしまう。
  両肘を手で持って呼吸に合わせて挙げていき垂直の所で肩の力を抜く。
  下ろしていく時も力を抜いて繊細に。

・骨盤の丸める動きを背骨一つ一つに伝えていき、大椎以下を浮かせる。
 →上記の下ろしていく動きで力がしっかり抜けているかが大事。
  膝と足の裏でバランスをとる。

・仰臥位の骨盤時計で首までの繋がりを感じて力を抜いて動く。

・サイドで骨盤の動きを首まで伝える。
 →12時6時の動きがバランスの変化で3時9時に変わる。
  床に付いている側をしっかり意識する。
  小さく動いても身体の中がちゃんと動くようにしていく。

・サイドで骨盤の動きで手を大きく回す。
 →手をできるだけ大きく回す。
  肘を意識して動かすと骨盤、肋骨が連動する。
  切り替わる所を意識する。ちょっとずらして力を抜く。

・初めの現状認識がどう変化したか、感覚の違いを味わう。

今回印象的だったのは、サイドポジションになった時に皆さんが綺麗な姿勢だったことです。

骨盤の動きを丁寧に首まで伝えていくことの大事さを改めて感じました。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-07-27 23:58 | 呼吸動作研究会

2018.06.24 (日) 呼吸動作研究会

担当:K元さん
テーマ:薬指(三焦経)とバランス

・ボールに板を乗せて前後、左右、回転の現状認識。

・板を傾けて戻るときに手で戻すのと力を抜いて戻る違い。

・棒を二本入れて板を転がす。
 →前の棒に圧をかける、後ろの棒に圧をかける、二本均等にかける。
  棒と板にできるだけ負荷をかけないように転がす。

・板の上で指を一本ずつ浮かして呼吸の入り方を確認する。

・労宮に半球を入れて板を動かす。

・もう一度、初めの現状認識をする。

今回は周りの方のサポートをさせて頂きながら皆さんの動きを見ていました。

一人一人動きが違うし、なんとなく必要条件が浮き出てくるのが面白かったです。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-06-27 00:24 | 呼吸動作研究会

2018.05.27 (日) 呼吸動作研究会

進行役:OAさん テーマ:「呼吸の張りと背中の意識」

・仰臥位で現状認識
 →骨盤周り、肋骨の前後左右にどのように呼吸が入っているか触って確かめる。
  呼吸によって身体の中がどのように変化しているか観察する。

・丹田の上にくるように帯を巻いて呼吸する。
 →吸った時に帯の緩みが取れるところと取れないところを感じる。
  骨盤時計をしながらできるだけ均一に入るようにしていく。
  
・大腿中央くらいに帯を巻いて恥骨を締めて大腿部を張って会陰と百会が繋がる位置を確認する。
 →恥骨を挟んで、膝も寄せる。
  恥骨を挟んで、帯の緩みを取るように外へ張る。
  恥骨を挟まず、膝を寄せる。
  恥骨を挟まず、外へ張る。などが呼吸へどのように影響するかを観察する。

・肋骨の高さで帯を巻いて呼吸する。
 →肋骨の下側、横隔膜の位置で帯を巻く。
  胸郭の中央、膻中のの位置で帯を巻く。
  手で帯の緩みを取っておくと、呼吸した時にさらに緩みが取られる。
  
・足の裏に帯を引っ掛けて呼吸で上下の緩みをとる。
 →手に力が入らない持ち方の工夫。
  帯の緩みを呼吸でとったまま、力だけを抜く。

・二人一組で長座位で足裏同士を合わせ帯を持ってバランスをとる。

・二人一組で背中合わせで長座位になり、呼吸で背中を起こしたり倒したりする。

・椅子座位であやとり呼吸法。
  
今回は呼吸を観察するということに徹底されていた印象でした。

○○しようとすると固まるだけなので、このようにじっくり観察し

良い、悪いをあまり決めすぎずにすることが重要だと再認識しました。

観察→前提条件を変えてみる→変化を愉しむ→結果を観察する

最後の結果を観察するところの答えを決めつけてしまうと途中経過を

改ざんしてしまっているかもしれません。
c0209238_00310294.jpg

[PR]
by aiki-therapist | 2018-06-01 00:31 | 呼吸動作研究会

2018.03.25 (日) 呼吸動作研究会

進行役:K元さん テーマ「ゆっくり重心移動」

・自分の思うままに歩いて現状認識。
 →左右のぶれ。
  視線。
  呼吸との合わせ方。
  前後、左右の幅。
  重心の移動の仕方(後ろ足を蹴るのか、前足に引き付けるのか)

・三人一組で腕を持つ、持たれる、持っている人の肩などを触って現状認識。
 →持つ時にどこで支えているか。
  呼吸の始まりはどこか。(胸、腹、脚)
  触れる時にどこが緊張しているかわかるように触れる。
  触れる時に緊張が抜ける様に浮かす様に触れる。

・座位で呼吸。肺の膨らみやすさ、左右差の確認。
 →存在感がある方が呼吸が入っている様な気がする。
  通っている方が抵抗が無いので入っていない様に感じるかもしれない。
  実際に触って本当にそうなのか確かめてみる。

・足の指を反らして呼吸、掴んで呼吸。
 →呼吸の入り方の違いを感じる。

・足の指、足首を反らして呼吸。
 →足首を力で反らすと呼吸が入りにくい。
  力まずに反らせる位置を探す。(少し前にずらす)
  足を前に出した時に骨盤が丸まらない様に注意する。

・足の指、足首を決めたまま踵を自分の方にスライドさせて足の裏をつける。
 →見ないでできる、ピタッと止まるところがある。
  結果的に膝と足の爪あたりが一致する。

・座位で重心移動。
 →骨盤だけを横にずらす。
  身体の軸を意識して軸を崩さずに重心を変える。
  りんごが二個ずつ乗った天秤をイメージして一つずつ乗せ変えて行く。
  (重心の変化の間を感じる。)
  
・二人一組で恥骨を挟んで大腿部を張って呼吸する。
 
・はじめに行った現状認識をもう一度行う。

今回一緒にメニューをさせて頂いて、

足首の位置を見て決めるのではなく、スライドさせて行うのがいいなと思いました。

覗きながら行うと姿勢が崩れやすいので良い方法だなと思いました。

りんごのイメージのところは初めは「なぜ5個ずつじゃないんだ?」と

思いましたが、「あまりに細かくしすぎると訳がわからなくなるんだ」と気づき

すごく良く考えられているなと思いました。
c0209238_16315443.jpg
目線を合わせる事が大事ですね。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-03-28 16:33 | 呼吸動作研究会

条件は皆違う。

2018.02.25 (日) 呼吸動作研究会

進行役OAさん テーマ「手と足の連動」

・ロッキング・チェアで現状認識。

・仰向けで足の裏に太極棒を入れて呼吸する。
 →足の指を掴まないようにする。
  太極棒が滑るので膝に力が入りやすい。
  固定してしまうと固まる。
  腰の位置にも気をつける。

・ふくらはぎの下に入れて呼吸する。
 →膝が突っ張ってしまうので座布団の入れ方を工夫する。
  太極棒を押し付けないようにする。
  センタリングしながら呼吸する。

・丹田の上に置いて呼吸する。
 →とりあえず腹式呼吸で丹田を押し上げる。
  できたら丹田の周りに均一に呼吸を入れる。

・横隔膜の前で持って呼吸する。
 →持ち方を工夫する。
  肘を外に張るように持ってみる。

・頭の上まで上げて呼吸する。
 →いきなり上まで上げる方法と段階的に緩めながら上げる方法。
  太極棒の方向(横、剣を持つ)を変えてみる。
  身体の中と肘が伸びる方向。

・座位で太極棒を足の裏に入れて呼吸する。

・座位で太極棒を持ってもらう。

今回は前提条件を変える大事さを感じました。

人によって癖が違うので少しずつやり方を変えないといけないと感じました。
c0209238_01395071.jpg
これも人によって違います、、、よね?

[PR]
by aiki-therapist | 2018-03-02 01:40 | 呼吸動作研究会

2017.12.24 (日) 呼吸動作研究会

今回はOAさんが「腰の動きって?」をテーマに行って下さいました。

 ・身体の前屈、後屈、左右の側屈、回旋の現状認識。
  →腰を意識したときと股関節を意識したときの差。
 
 ・杖などの長い棒を横にして腰、背中、大椎とだんだん上げていき身体を動かす。
 ・棒を立てて手を後頭部と仙骨に当てて身体を動かす。
  →条件を加えることによって動きがどう変わるかを確認する。

 ・仰向けで寝て身体の着き方の確認。

 ・仰向けで棒を横向きに入れて仙骨の辺りから上に当てる場所を変えていく。

 ・仰向けで棒を縦に入れその上でバランスをとる。

 ・正座で頭が床に着くように伏せ、そこから腰の下の方から順番に起こしていく。

 ・四つん這いで腰を反らしたり丸めたりして頭部まで連動させる。
  →棒を背中に入れて後頭部が棒に触れるようにして頭が下がらないようにして行い
   無いときとの連動の違いを感じる。

 ・2人1組で腰を反らす、丸める、中心それぞれで呼吸がどのように相手に伝わるかを検証する。

 ・全員で輪になって手を繋ぎ、呼吸を遠くの人まで伝える。

後半はOTさんから「アゴがどうしても上がってしまう」というテーマを頂きましたので

施術をさせて頂いた後、各関節をセンタリングして吸って、緩めて、吐くということを説明させて頂きました。

やはり「足の上げ方を科学する」が大事ですね。

[PR]
by aiki-therapist | 2017-12-27 14:31 | 呼吸動作研究会

2017.11.26 (日) 呼吸動作研究会

今回はK元さんが「身体を観て、触って、確かめる」をテーマに進めて下さいました。

・胸、肋骨、鳩尾、へそ、下腹部を順番に呼吸で膨らませる。触って違いを確かめる。

・胸、肋骨、鳩尾、へそ、下腹部の背中側を同様に行う。

・恥骨、会陰、尾骨のラインを意識して呼吸する。

・ペアになって呼吸の入り方を観察する。

・呼吸の入っている所と入っていないところを触って伝えてあげる。

・呼吸の繋がりの弱い箇所を触れて伝えてあげる。どんどん場所が変わる。

・青竹踏みに足趾のみのせて呼吸する。
 →ただ乗るだけではダメ。
  乗ってバランスが変わった所で良い位置を探して呼吸することが大事。

・バンドを恥骨が締まるように巻いて呼吸する。

・バンドを背中の意識の薄い高さで巻いて呼吸する。

前半で相手にどこを意識して呼吸しているか自分なりに誇張してやってみましたが

鏡で見ると思ったより表に現われていなかったのが印象的でした。

後半はSRさんと手技と合気の技について検証しました。

足を蹴る動作を誘導するときに陰経のラインを意識しないと

緩むだけで陰経が使えなくなりました。

しっかり意識して誘導すると緩んで使えるようになりました。

技に関しては前日に感じた、抜いてから付いていくということをお伝えしました。

これに関してはもう少し自分で検証していこうと思っています。



[PR]
by aiki-therapist | 2017-12-01 21:30 | 呼吸動作研究会

細かくセンタリング。

2017.08.27 (日) 呼吸動作研究会

・座位で手を持ってもらって呼吸が相手に伝わるか。

・立位で相手の肩に手を乗せてロッキングチェアー。

ここまでが現状認識。

・ 壁に前腕を引っ付けて身体を落としていく。
 →各ポイントでセンタリング。
 →重力を使う事で行かそうとしない。
 →センタリングされると自然と流れ落ちる。

・床で猫のポーズ
 →最初は肩に力が入らないようなポジショニング。
 →頭、大椎、壇中、みぞおち、腰椎5番などをセンタリングして伏せていく。
 →だんだん手を頭の先へずらす。
 →着いている掌の感覚が出る時、出ない時。(横隔膜の浮き)

・仰臥位で骨盤時計。
 →下から順番にセンタリング。
 →喉から骨盤を動かす。(喉の細さで動かす)
 →眉間で骨盤を動かす所までくると意念に近くなる。
 →意識が細くなったところで、その細さで骨盤から動く。

・最後にもう一度現状認識。

今回は猫のポーズ、仰臥位での骨盤時計をする時に細かくセンタリングしながら動く重要性に気づきました。

細かくセンタリングをするこによって横隔膜が上がり身体の軸が出来る事により

壁や床に手などをつけた時の皮膚感覚が良くなるということがわかりました。




[PR]
by aiki-therapist | 2017-08-30 10:28 | 呼吸動作研究会

2017.07.23 (日) 呼吸動作研究会

今回は進行役を務めさせて頂きました。

前回の研究会終わりにデンデン太鼓が難しかったという感想がありましたので

でんでん太鼓のきっかけを掴んで頂けるようなことをしようと思いました。

でんでん太鼓の要素は軸を立てて肩、肘の力を抜いて丹田からの動きがむちの様に手に伝わる事だと考え

身体の軸とでんでん太鼓という表題にしました。

まず軸を立てるところからですが腰が丸まっていては軸が立たないので

骨盤まわりの筋肉などを緩めて腰が立つ様にしていきました。

次に力を抜きながら骨盤を締め、そのまま12時6時ができるようにして軸を伸ばせるようにしました。

そして肩甲骨が後ろで寄る様にしておいてから寝ながら六方円やでんでん太鼓をして

脱力しながら下からの力で動くという練習をして頂きました。

終わってみると身体は皆さん良くなっておられましたが、体操に馴れていない方々は

中の動きで手を動かすというのが難しそうでした。

いきなり出来るもんではないとわかっていても、伝えるって難しいなと感じました。

後半から師匠が初めて触る方を中心に治療して下さいました。

受けての人がよく見る方だと、ある程度の癖などがわかっている為どうしても

先入観、経験則みたいなものが働いてしまいなんとなくわかった気になってしまっていたなと感じました。

今回は師匠も私も「馴れ」がない方の治療風景を見せて頂く事で

決めつけない、触って確かめるという事の重要性を改めて感じました。

もう一つ、師匠が治療中に頭を持つようにおっしゃいました。

緩める時に脳を緩めてから下へと緩んでいく。そしてそれに相手が同調すると相手も緩んでくる。

ということを教えて下さいました。

緩める精度がもう一つ良くなりそうなのでしっかり研究したいと思います。

特別講師の師匠、参加して下さった皆様、今回調整役をして下さったOAさんありがとうございました。       

[PR]
by aiki-therapist | 2017-07-29 01:55 | 呼吸動作研究会