人気ブログランキング |

大好きな選手の一人イチロー選手の引退会見で印象に残った言葉を纏めてみました。


──今、その決断に後悔や思い残したところは。

今日の球場の出来事、あんなもの見せられたら後悔などあろうはずがありません。もちろん、もっとできたことはあると思いますけど、結果を残すために自分なりに重ねてきたこと、他人より頑張ったということはとても言えないですけど、自分なりに頑張ってきたとははっきりと言えるので。これを重ねてきて、重ねることでしか後悔を生まないということはできないのではないかなと思います。

──子供達にメッセージをお願いします。

シンプルだな。メッセージかー。苦手なのだな、僕が。

野球だけでなくてもいいんですよね、始めるものは。自分が熱中できるもの、夢中になれるものを見つければそれに向かってエネルギーを注げるので、そういうものを早く見つけてほしいと思います。

それが見つかれば、自分の前に立ちはだかる壁にも、壁に向かっていくことができると思うんです。それが見つけられないと、壁が出てくるとあきらめてしまうということがあると思うので。いろんなことにトライして。自分に向くか向かないかよりも、自分の好きなものを見つけてほしいなと思います。

──イチロー選手の生き様でファンの方に伝わっていたらうれしいということはありますか。

生き様というのは僕にはよくわからないですけど、生き方と考えれば、さきほどもお話しましたけれども、人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。

 あくまで測りは自分の中にある。それで自分なりにその測りを使いながら、自分の限界を見ながらちょっと超えていくということを繰り返していく。そうすると、いつの間にかこんな自分になっているんだという状態になって。

 だから少しずつの積み重ねが、それでしか自分を超えていけないと思うんですよね。一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて、それは続けられないと僕は考えているので。地道に進むしかない。進むというか、進むだけではないですね。後退もしながら、あるときは後退しかしない時期もあると思うので。でも、自分がやると決めたことを信じてやっていく。

 でも、それが正解とは限らないわけですよね。間違ったことを続けてしまっていることもあるんですけど。でも、そうやって遠回りをすることでしか本当の自分に出会えないというか、そんな気がしているので。そうやって自分なりに重ねてきたことを、今日のゲーム後のファンの方の気持ちですよね。ひょっとしたらそんなところを見ていただいていたのかなと。それはうれしかったです。そうであればうれしいし、そうじゃなくてもうれしいです。あれは。


──抱擁された時にどんな会話を。

それはプライベートなんで。それは雄星がそれをお伝えするのはかまわないですけど、僕がお伝えすることではないですね。

──秘密ですか。

 それはそうでしょう。二人の会話だから。しかも、僕から声をかけているので。それをここで僕がこんなことを言いましたって。バカですよね。絶対に信頼されないもんね。それはダメです。

── 一番我慢したものは。

難しい質問だなあ。僕、我慢できない人なんですよ。楽なこと、楽なことを重ねているという感じなんですよね。自分ができることを、やりたいことを重ねているので我慢の感覚がないんですけど、とにかく体を動かしたくてしょうがないので、こんなに動かしちゃダメだっていうことで、体を動かすことを我慢するというのはたくさんはありました。それ以外はストレスがないように行動してきたつもりなので。

 家では妻が料理をいろいろ考えて作ってくれますけど、ロードは何でもいいわけですよね。むちゃくちゃですよ。ロードの食生活なんて。結局我慢できないからそうなっちゃうんですけど、そんな感じなんです。今聞かれたような主旨の我慢は、思い当たらないですね。おかしなこと言ってます、僕?

──野球の魅力はどんなものでしょうか。また、イチロー選手がいない野球をどう楽しめばいいでしょうか。

 団体競技なんですけど、個人競技というところですかね。これが野球の面白いところだと思います。チームが勝てばそれでいいかというと、全然そんなことはないですよね。個人として結果を残さないと、生きていくことはできないですよね。

 本来はチームとして勝っていればいいかというと、チームとしてのクオリティは高いのでそれでいいかというと、決してそうではない。その厳しさが面白いところかなと。面白いというか、魅力であることは間違いないですね。あとは同じ瞬間がない。必ずどの瞬間も違うということ。これは飽きがこないですよね。

 二つ目はどうやって楽しんだらいいかですか。2001年にアメリカに来てから2019年現在の野球は、まったく違うものになりました。頭を使わなくてもできてしまう野球になりつつあるような。選手も現場にいる人たちもみんな感じていることだと思うんですけど、これがどう変化していくか。次の5年、10年、しばらくはこの流れは止まらないと思いますけど。

本来は野球というのは……、ダメだな、これを言うと問題になりそうだな(会場笑)。うーん。(野球は)頭使わないとできない競技なんですよ、本来は。でもそうじゃなくなってきているというのがどうも気持ち悪くて。ベースボール、野球の発祥はアメリカですから、その野球が現状そうなってきているということに危機感を持っている人っていうのがけっこういると思うんですよね。

だから、日本の野球がアメリカの野球に追従する必要なんてまったくなくて、日本の野球は頭を使う面白い野球であってほしいなと思います。アメリカのこの流れは止まらないので。せめて日本の野球は決して変わってはいけないこと、大切にしなければいけないことを大切にしてほしいなと思います。

──子供の頃からの夢であるプロ野球選手になるという夢を叶えて、今、何を得たと思いますか。

成功かどうかってよくわからないですよね。じゃあどこから成功で、そうじゃないのかって、まったく僕には判断できない。だから成功という言葉は嫌いなんですけど。

 メジャーリーグに挑戦するということは、大変な勇気だと思うんですけど、でも成功、ここではあえて成功と表現しますけど、成功すると思うからやってみたい。それができないと思うから行かないという判断基準では、後悔をうむだろうなと思います。できると思うから挑戦するのではなくて、やりたいと思えば挑戦すればいい。その時にどんな結果が出ようとも後悔はないと思うんですよね。

じゃあ、自分なりの成功を勝ち取ったところで達成感があるのかというと、それは僕には疑問なので。基本的には、やりたいと思ったことをやっていきたいですよね。

──日本の野球で鍛えられたことは。

 基本的な基礎の動きって、おそらくメジャーリーグの選手より中学生レベルの選手の方がうまい可能性がありますよ。チームとしての連携もあるじゃないですか。そんなの言わなくてもできますからね、日本の野球では。でもこちらではなかなかそこは。個人としてのポテンシャル、運動能力は高いですけど、そこにはかなり苦しみましたよ。苦しんであきらめましたよ。

──昨年、マリナーズに戻りましたけれども、その前のマリナーズ時代、「孤独を感じながらプレーをしている」と話していました。その孤独感はずっと感じながらプレーしていたんでしょうか。それとも、前の孤独感とは違ったものがあったのでしょうか。

現在はそれはまったくないです。今日の段階でまったくないです。
それとは少し違うかもしれないですけど、アメリカに来て、メジャーリーグに来て、外国人になったこと、アメリカでは僕は外国人ですから。このことは、外国人になったことで人の心を慮ったり、人の痛みを想像したり、今までなかった自分が現れたんですよね。この体験というのは、本を読んだり、情報を取ることができたとしても、体験しないと自分の中からは生まれないので。

 孤独を感じて苦しんだこと、多々ありました。ありましたけど、その体験は未来の自分にとって大きな支えになるんだろうと今は思います。だから、つらいこと、しんどいことから逃げたいというのは当然のことなんですけど、でもエネルギーのある元気のある時にそれに立ち向かっていく。そのことはすごく人として重要なことではないかと感じています。お腹すいた。しまったね、最後。

〜抜粋終了〜

赤文字にしたところが特に印象に残っていて、合気やセンタリングの考えそのものだなと感じました。

現役の時にこの事がわかっていればもっと野球が楽しかったのになあと思いました。

このことをできるだけ早く知って野球を愉しんで上達するお手伝いができればいいなと思っています。
c0209238_01262061.jpg
もっとプレーする所を見たかった(T . T)

by aiki-therapist | 2019-04-01 01:27 | スポーツ関連

圧倒的な速さに粘り=小平、狙って世界新樹立-W杯スケートより引用させて頂きます。


古武術からヒントを得て一本歯のげたを履き、前傾姿勢を保つ練習でバランス感覚を養った。

また、競輪用の自転車を使って一気にスピードを上げる走法で体幹を強化。

元五輪代表の石沢志穂さんのサポートを受け、食事を徹底管理して理想的な肉体をつくり上げた。
「力の伝わり方が内に向いてきた。全ての動きがつながっている感じがある」

今季は流れるような脚の動きで無駄なく氷を押し、圧倒的な速さを身につけた。

1000メートルは短距離種目であるが、中距離の能力も求められる。

氷上では1500メートルを想定し、一定のスピードを保つ練習もこなし「楽にラップが出せる」

2010年バンクーバー五輪では1000メートルと1500メートルで5位入賞の小平に、粘りが戻った。
古武術からはレースへの心構えも学んだ。「(ライバルが)いてもいなくても一緒。ただ自分の動きをするだけ」

同組で滑った高木美の勢いにのまれず「やりたいスケート」を氷上で表現した。狙って樹立した世界新記録。

500メートルで逃した快挙を、高速リンクで滑る今季最後のレースで達成した。


W杯4戦全勝 小平奈緒 強さの秘密 スピードスケート

この動画の6分あたりの一本下駄での練習の動きは完全に仙腸関節で動いていると思います。

23歳でパシュートで銀メダルを獲得。

27歳のオリンピックで個人のメダルを目指して筋力トレーニングを行い、5位と振るわず。

この時のスケーティングと一本下駄の練習のあとの試合とを比べると全然違います。

イ・サンファ選手との試合(7分頃)も小平選手は恥骨、仙腸関節がきちんと動いているのに対し、

イ・サンファ選手は太ももの前で動いています。

27歳の時に行った肉体改造とそれ以降の身体を連動させる練習が今の強さに繋がっているのだと思います。


赤色の部分にありますが、「無駄無く氷を押せる」「楽にラップが出せる」という所に

全身が連動していることが伺えます。

「(ライバルが)いてもいなくても一緒。ただ自分の動きをするだけ」

これは自分の中の動き、繋がりがわかっているから出てくる言葉なのかなと感じました。

やはり、ただ鍛えるだけではダメなんだと思いそこに気付くかどうかが大事だと思いました。

c0209238_15535938.jpg



by aiki-therapist | 2017-12-13 15:55 | スポーツ関連