2018.02.24 (土) 観照塾

・足の上げ方を科学する。(ポイントのみ)
 →両膝を腹直筋が縮まないように浮かす。
  曲って浮いた膝を腹直筋を伸ばしながら伸ばして行き、膝が緊張しないところで畳に付ける。
  その位置で恥骨を寄せて大腿部を張って会陰から呼吸を吸って行く。
  会陰から頸の後ろを通って呼吸を吸い上げ、頭を一旦浮かして頸の位置を決めたままそっと下ろす。
  手を内博の形にして呼吸で上肢を上げて行く。肋骨が締まって伸びる位置を見つける。
  ※細かく足の上げ方を科学していないと繋がらない。

・正座で剣の上げ下げ。
 →まず、剣先を付けたまま吸って、吸って、緩めて吐く。
  恥骨を寄せて、大腿部を外に張る。
  呼吸で上がるところまで上げて緩めて吐いて、そこからもう一度
  吸って上げて行く(サイクリック・ヨガ的)

・上記を踏まえて合気上げ。

・歩法と剣
 →上下に上げ下げ。
 →剣を廻して正面打ち。
 →中段捻りこみ。
 →じぐざぐと剣の上げ下げ。
 →猿廻
 ※剣を降ろそうとして横隔膜が折れてしまう。
  中が落ちて剣が下りていくのを感じることが大切。

・正眼で構えて物打ちを両手で持ってもらう。
 →仙腸関節で袈裟に切る。

今回は師匠に座取りでたくさん技をかけて頂きました。

いつも説明して下さっている時も細かい動きだなと感じていたのですが

今回見せるという事をしないで技をかけて頂くと外からはほとんど見えない

という事を改めて感じさせて頂きました。

本当に小さく無駄が無く、それでいて仙腸関節はちゃんと動いているというのをみせて頂きました。

仙腸関節の幅よりも細く動いているようにみえました。
c0209238_17174202.jpg
新城幸也(あらしろ ゆきや)選手です。




[PR]
by aiki-therapist | 2018-02-28 17:22 | 観照塾

最近は剣で手の内を意識して稽古していたのですが、

ふと施術中に両手の引き分けを意識した時に仙腸関節でやってないなと感じ

仙腸関節で行うと「単に引き分ける」という感覚よりも「立体的に緩みをとる」

という方がしっくりくるなと感じました。

「剣」と人の「身体」という違いがあるので弛みの取り方も複雑になるのだと思います。

そこで剣の上げ下げと中段捻り込みの仙腸関節の感覚を比べてみると

剣の上げ下げでは気付かなかったのですが、仙腸関節の中で引きと攻めがあり

手から捻り込んでしまうとそれがわからなくなると言う事に気付きました。

感じたことを書いているだけなので間違っているかもしれませんが・・・

これからもっと検証していこうと思います。
c0209238_20044321.jpg

[PR]
by aiki-therapist | 2018-02-16 20:00

2018.02.10 (土) 観照塾

 ・剣を中段に構えて前から持ってもらう。
  →自分の手の内(労宮)と分け目。
   相手の手の内と分け目。
   相手の頸へ付けて浮かせる。

 ・剣を正眼に構えて前から持ってもらう。
  →一旦ゼロにする。(極端に言うと離してしまう)
   自分の軸を立てて自分の弛みをとる。
   相手の手の内と分け目をとって、剣の反りを意識して弛みをとる。
   中だけを緩めて仙腸関節で入れたり抜いたりする、相手に従う。

 ・合気二刀剣を手で押さえてもらう。
  →労宮を中心に引きと攻め、片手で弛みをとる。
   両方の手の内がとれたら身体で全体の中心をとる。
   相手の後ろで両手のベクトルが一致する。

 ・正面打ちを剣で受けてもらう。
  →当てるのではなく当たる。(当てようとすると緊張する)
   両手の引きと攻め。
   手で動かさず、身体の伸びを相手に伝える。(角度が丁度良い位置になる)

 ・剣を横に持って中心を片手で持ってもらう。
  →刃の向きで肩の抜け方が変わる。
   握らずに手の平に乗せてやってみる。
   手の内の弛みの取り方、中指の角度、手首の角度。

今回は相手を分け目で浮かす時に剣の反りを意識して相手の向こう側で浮かせる、

相手を浮かして中だけを緩めて仙腸関節で動くことの重要性を感じました。

剣の反りを意識することによって相手の手の内にも引きと攻めができて繋げることが

できるのかなと思いました。

中段捻り込みの時にもう少し仙腸関節を厳密に使わないといけないこともわかりました。
c0209238_00313545.jpg
忍者の道具らしいです。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-02-12 00:32 | 観照塾

合気の呼吸法。

2018.02.04 (日) センタリング・タッチ研究会

・身体の中で中心を取る、中で繋げる。

・労宮を虚にすると指先が実になる。
 
・労宮を虚にして中をとって浮かせることにより引きとせめができる。

・合気の呼吸法。
 →労宮虚で吐いて丹田に落としながら伸びる位置、角度。

・骨盤を中心へ寄せて恥骨を挟んで大腿中央を外に張る事で会陰が引き上がる。

・自分の軸を伸ばして首へ付けながら良い位置で中を緩めて待つ。

今回、合気の呼吸法で教えて頂いた通り

自分の軸(会陰と百会)が伸びて労宮と繋がり細くなった状態で

施術する事が大切だとわかりました。

施術の練習をしている時に「指先をもう少し実にして労宮を虚にして」と

ご指摘頂いてよくわかりました。

帰りに合気金平糖を触っていると労宮を虚にしていくと

突起の当たっているところが実になっていく様な感覚になりました。

これから色んなことで検証していけたらなと思いました。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-02-06 02:46 | 中心塾

身体を細くするとは。

2018.02.03 (土) 観照塾

 ・正座で剣の上げ下げ、疾雷刀。
  →呼吸で段階的に浮かしていく。
   後から気付いたが呼吸で浮かすと身体と労宮が締まる。
   緩める時に労宮が広がらない様に緩める。

 ・中段に構えながら歩法。
  →吸って緩めて吐いて。
   中が落ちるのに着いていく様に足を継ぐ。

 ・捻り込みで歩法。
  →仙腸関節と刃筋。
   両手の労宮と引きとせめ。

 ・剣を上げ下げしながら歩法。
  →手首をきめて、分け目をかち上げる。
   手先や肘を挙げるのではなく、肘をのばす。(身体が締まる様に)
   
 ・剣を両手で横から持ってもらい相手に伝える。
  →身体と労宮が細くなり、引きとせめが出来るととおる。
   相手の手の内と分け目をとって浮かせる。

 ・剣の先を正面から持ってもらい相手に伝える。
  →仙腸関節で入っていく。
   骨盤で動くと両手の労宮の引きとせめが無くなる。
   相手の身体の弱い筋を感じて刃筋を合わせる。

 ・剣を構えてもらいバランスしている点を浮かして首へ付けて落とす。
  →浮かして、入れて、緩めて、落ちる。
   治療と同じ。

 ・剣を立てて持ってもらい、相手の手の内と分け目を繋げて浮かす。
  →相手の手の内と分け目。
   木刀の中心。
   自分の後ろにも意識を置いておく。(吸い込み)

 今回は呼吸をする時に身体と労宮が締まり、それを維持して緩められていない事がわかりました。

 自分の労宮がわかってくると相手の労宮の様子がわかる様になっていき、

 それを中心へ寄せたり、引きとせめをしたりする事により弛みがとれていくことがわかりました。

 労宮と裏労宮との深さ、労宮の細さ、締まりといったところの精度を上げていきたいと思いました。
c0209238_01134029.jpg

[PR]
by aiki-therapist | 2018-02-04 01:13 | 観照塾