皮膚の緩みと呼吸。

2018.11.25 (日) 呼吸動作研究会

担当:KM
テーマ:「下肢の緩みの取り方と呼吸」

・仰臥位で呼吸の入り方などの現状認識。
 →「何に焦点を当てて観察するのですか?」と質問して頂いて
  「畳と身体の接点について」や「呼吸がどこへ入ってどこに入っていないか」など様々だが
   今回は「呼吸がどこへ入ってどこに入っていないか」に注目して下さいとお答えした。

・台の上に置いた竹踏みの上に両ふくらはぎを乗せて
 大腿部中央を帯で締めて仰臥位で寝る。
 →つま先を左右に倒したり、身体の軸方向に互い違いに動かす。
  ただ単に動かした時と大腿部に巻いた帯の緩みを呼吸で取って動いたときの違いを感じる。
 *骨盤の12時6時のセンタリングと呼吸で緩みをとる準備のつもりだったが
  思いの外動けないということがわかり早めに次のメニューに移りました。

・片方のふくらはぎを竹踏みに乗せて足先方向、頭方向、外側、内側に皮膚の緩みを取って呼吸。
 →まず竹踏みに馴染む。(その為には膝、足首の力が抜けるポジショニングが大事)
  皮膚の緩みの分だけ動く。
  どの方向に緩みをとるとどのような呼吸の入り方をするかを感じる。
  徐々に膝の方へ竹踏みが当たるようにずらしていく。
  ひと段落したら左右の差を確かめる。

・反対側をイメージで行う。(ポジションは反対側と同じようにする)
 →動作をした時よりも少し早めに行う。
  段々と最初にした脚から脳を伝わって左足が変化していく様子を感じた。

・台の上に置いた竹踏みの上に両ふくらはぎを乗せて
 大腿部中央を帯で締めて仰臥位で寝る。をもう一度行う。
 →始めは脚の緩みを脚で取っているが、慣れてきたら骨盤の動きで脚の緩みをとる。

・[時間の都合上省略]仰向けで脚の下に座布団を入れて前後、左右に緩みを取って呼吸する。

・サイドポジションで脚の間に座布団を入れて呼吸する。
 →大転子を呼吸で膨らます。
  緩めて吐いたときに下側のどの部分に緩んでいくか。
  吸って、緩めて、少しずらして(恥骨側、尾骨側、膝の方向、その逆)、吐く。
  大転子の周辺をなぞるように骨盤を動かす。
  緩めたときに、坐骨、大転子、恥骨が寄る。
 
・反対側をイメージで行う。

・[時間の都合上省略]座位で片方だけ竹踏みに乗せて足の裏の緩みを取って(前後、左右)呼吸する。

・座位で竹踏みの外側の山に足の一点を乗せて骨盤を寄せて呼吸する。
 →つま先の方向はどこが一番骨盤が寄りやすいか。(開く、まっすぐ、閉じる)

・竹踏みの方向を真横から斜めに変える。
 →左右に挟む意識と竹踏み方向に緩みを取った時の違い。

今回は進行役をさせて頂きました。

皆さんがイメージで行なっている時に身体が変化していく様子や

メニューが進むにつれて自分のポジショニングや動きがどんどん細かくなっていくのが

観させて頂いていて愉しく、勉強になりました。

こんな細かいメニューについてきて下さって有難うございました。 
c0209238_03212300.jpg
微妙な差ですね(笑)

[PR]
by aiki-therapist | 2018-11-30 22:52 | 呼吸動作研究会

骨盤の寄せで動く。

2018.11.24 (土) 観照塾

・座位で外縛、内縛(親指平行、クロス)で骨盤時計。
 →それぞれの手の形で身体の動きがどうかわるか確認する。
  仙腸関節で丁寧に動く。
  親指、小指の引きと攻め。

・立位で両手を持ってもらう。
 →内縛で小指を立てると引きと攻めがしやすい。
  坐骨、恥骨を寄せて挟むのを維持したまま動く、粘り。

・立位で相手の肩へ擦って入れる。
 →内縛でする。
  骨盤の寄せで吸い込む。
  骨盤を寄せて自分の軸ができてその軸で相手の軸との緩みをとる。

・全員が輪になって並び、
 →肩を擦って入れる。
  腰から入れて倒す。
  交差取りで頸へ入れて落とす。
  手を乗せてもらい吸い込んで倒す。
  手の甲に乗せて中指中心にひっくり返して落とす。
  両手の平を合わせて吸い込んで寄せて相手の中へ入れて一緒にしゃがむ。
  前から両肩を持って吸い込んで相手の肩甲骨を寄せて落とす。

今回は自分の骨盤(恥骨、坐骨)を寄せることが大事だと感じました。

寄せることにより吸い込みが生まれ、自分の軸が立ち

その軸で相手の軸との緩みをとることで自分の仙腸関節の動きが伝わるということがわかりました。
c0209238_01462383.jpg
もう少し寄って欲しいんやけどな〜 (笑)

[PR]
by aiki-therapist | 2018-11-30 01:47 | 観照塾

第三回 センタリング・メソッド講習会

・七段階呼吸法の説明、現状認識
 →坐骨、大転子を寄せて会陰を意識する。
  会陰、丹田、腰椎5番、鳩尾(みぞおち)、鳩尾の裏、
  膻中、大椎、喉、亜門、眉間、百会。
  
・座位で横から片手を挙げていく。
 →呼吸と手を挙げる高さを一致させる。
  指の先を意識する。
  止まる度に肩の力を抜く。
  肩の高さで手のひらを返す。
  肩の力が抜ける位置を探して挙げて行く。
  真上から少し超えたところまでいく。
  指の先に伸びながら力を抜いて降ろしていく。
  だんだん呼吸で上がる高さが増えていく。

・短棒を持って横から手を挙げていく。
 →五指で包むように持つ。
  短棒の向きを意識する、手首を決める。
  指を伸ばす(特に親指)
  
・備前玉を持って横から手を挙げていく。
 →手の労宮を意識する。
  身体の中の伸び、寄りを意識する。
  大き目の玉と違いを確かめる。
  
・座位で前屈して呼吸で背骨を持ち上げていく。
 →初めは呼吸を腰に入れて、力を抜いて背中を伸ばす。
  下から順番に立ち上がっていく、頭は最後。
  
・ヨガの「コブラのポーズ」でお腹を伸ばす。
 →腰と丹田に呼吸を入れて下から順番に反っていく。
  初めは頭を上げずに行う。
  お腹を脚の方、背中を頭の方に緩みを取っていく。(引きと攻め)
  引きと攻めで身体を反っていく。
  肘を手前に少し引いてさらに伸びる。

・短棒を両手で持って呼吸に合わせて胸の高さまで挙げて下ろす。
 →呼吸と合わせる。
  手を挙げたまま肩の力を抜く。
  吸って、緩めて、吐く。
  保息してる間に力を抜く。

・七段階呼吸法をもう一度行う。

・それぞれの身体の高さでセンタリングする。
 →前後、左右、右回り、左回り、小さく前回り・後ろ回り。
  百会まで通るように呼吸する。

・膝の施術の練習。
 →自分の軸を伸ばして膝を持ち上げる。
  膝の高さをセンタリング。(力が抜ける位置)
  抜ける位置で上下、左右、右回り、左回りでセンタリング。
  自分の中を伸ばして頚へ付ける、入れる。
  自分の力を抜いて待つ。
  相手が抜けてくるのについていく。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-11-23 12:11 | センタリング・メソッド講習会

大転子、坐骨を寄せる。

第二回 センタリング・メソッド講習会

・「骨盤時計12時6時」「お腹側に呼吸を入れていき身体全体を反らす」「骨盤を丸めて背骨を巻き取っていく」の復習兼現状確認。
 →丸めるで丹田が抜ける。
  反らして行く方のときに胸が硬くて反りきらない。
  巻き取っていくときに身体を腰の筋肉で支えてしまう。

・サイドポジションで上側の大転子を吸って膨らまし、吐いて下の大転子へ緩めながら寄せていく。
 →大転子の中心へ寄って行けるか。
  大転子を中心にセンタリングして中心を少しずつ探していく。
  中心へ寄せながら大転子の縁をなぞるように円を描きながら動く。
  
・サイドポジションで骨盤時計の3時、9時。
 →大転子・坐骨を寄せたまま動く。
  寄せが無くなると股関節の動きが外れる。
  腰ではなく仙腸関節で動く。

・大転子、坐骨を寄せたまま脚の間を少しだけ浮かして3時9時。
 →均一に浮かす。
  呼吸で浮かす、浮かしすぎない。
  股関節の入り方が変わる。

・仰向けで左右の差を確認。

・逆のサイドポジションで同様に行っていく。
 →サイドポジションの良い位置の確認。(腰椎5番、股関節が入り膝が緩む位置)
  脚を浮かすときに大腿の外側が緊張する。
  脚を浮かせるときに上側の側腹部を縮める癖を見つけた。

・サイドポジションで骨盤主導で手を前から挙げて後ろへ回していく。
 →手で床を触り続ける。
  吸って、保息、緩めて(少しずらして)、吐く。
  
・仰臥位で骨盤・仙骨の動きや骨盤時計の動きを確認。

・「坐骨」と「大腿部と臀部の境目」の間に短棒を置いて座る。
 →骨盤が丸まっていると当てるところがわからない。
  股関節と腰椎5番がしっかり入って座れないとわからないのかもしれない。
  わかり辛そうなので中止。

・座位で大転子・坐骨を寄せて膝を寄せる。
 →股関節・腰椎5番の入り方と大転子・坐骨の寄る位置。
  呼吸で寄せてくる。
  息を吸って寄せてもう一度吸いながら少し膝を浮かす。
  
・両側の大転子・坐骨を中央に寄せてバランスをとって両膝を浮かす。
 →腹直筋を固めてしまってできない。
  
・背中に乗せてお腹側を伸ばすストレッチ。
 →イスを少し高くすると両膝を浮かすができた。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-11-22 00:56 | センタリング・メソッド講習会

前後の寄せの意識。

2018.11.17 (土) 観照塾

 ・太極棒「雑巾絞り」
  →足の一点を意識しながら足裏の前後、左右の緩みをとる。(中心へ寄せる)
   陰経から吸い上げて行き力を抜いて肋骨を締めながら前に出ていく、落ちていく。
   常に反対側とバランスをとる(前後、上下)
   手の内をしっかり合わせる。(会陰周辺、肋骨が締まったままだと落ちていくときに合っていく)
   
 ・太極棒「発勁」
  →足の裏の緩みをとる。
   肘、手の内で太極棒を引きながら呼吸であげる。
   臨界まであげて引いたまま手首を返すと決まる。
   臨界を超えると引けなくなる、手首が返らない。
   手首を決めて前に出す。

 ・太極棒「六方円」
  →仙腸関節の幅を超えない。
   角、中心をしっかり意識する。
   足の裏の緩みを取ったまま動く。

 ・太極棒「砂時計」
  
 ・座取りで離陸。
  →足の親指を床につける。(つけると膝が伸びようとしない)
   坐骨を寄せる。
   相手の行きたい方へ付いていく。

 ・胸の前で内縛をして肩の力を抜く。

 ・内縛から小指を立てて頭の後ろに持って行き肘と横隔膜を上げる。
  →坐骨を寄せて、肋骨が寄るようにすると耳を挟むように肘があがる。
   色んな指を立てて検証してみる。
   

 今回は足の裏の緩みをとる時、坐骨・会陰を寄せる時に左右の意識だけで
 
 前後の意識(雑巾絞りの際特に)が欠落していることがわかりました。

 どんな足の置き方でも中心へ寄せる意識があれば自ずと前後と左右は生まれるような気がします。

 「挟む意識」と「寄せる意識」の違いを感じました。

 また、前後の寄せの意識が無い為に歩法がうまくいかないのでこの感覚を歩法にも生かしていこうと思いました。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-11-20 01:16 | 観照塾

2018.11.04 (日) センタリング・タッチ研究会

・伸展する前のセンタリングの精度。
 →行ったり来たりしながら中心を求める。
  一発でいかない、付け続ける。

・中心を厳密に決めてから時計のように動かして動かないところを探す。

・母指球、小指球の引きと攻めで厳密に緩みをとる。
 →指に力が入ったとたん引きと攻めにならない。
  引きと攻めで絞られピントが合う。
  自分の身体の締まり、寄せ。

・分け目をどこに入れるか、どこへ抜くか立体的に感じる。
 →六芒星を意識する。
  相手の身体の中の動きを感じる。

・自分と相手の緩みをセンタリングで取った後は仙腸関節で動く。
 →自分の身体の絞りと手の絞りが決まった後は手で動かない。

今回は身体を緩めて頂き、緩みの取り方が変わったことで

普段いかに手でやってしまっているかに気付きました。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-11-10 01:04 | 中心塾

坐骨、会陰をよせる。

2018.10.27 (土)  観照塾

・労宮で太極棒を中心へ押しながら十字に動かす。
 →坐骨を寄せて太極棒をはさむ。
  はさみながら動くと早く出来ない。
  
・労宮で太極棒を中心へ押しながら「六方円」「砂時計」
 →角を明確にする。
  坐骨、会陰の締まりがないと臨界がなくなる。

・「雑巾絞り」で負荷をかけ合う。
 →坐骨、会陰を締めながら緩めることでそこしかない一点にいく。
  締めて動きながら重さに従う。

・太極棒を横に持って手首を持ってもらう。
 →指を張る。
  下半身を締めて上半身の力が抜けると意識が広がり、意念も透っていく。

今回は坐骨、会陰を締めながら力を抜くことで重さにきけるようになったり

臨界点がはっきりすることがわかりました。

[PR]
by aiki-therapist | 2018-11-02 03:23 | 観照塾