人気ブログランキング |

2019.06.23 (日) 呼吸動作研究会

今回はK元さんが担当でテーマは『真っ直ぐいる事が捻じれをつくる?? 』でした。

・仰向けで現状認識。

・二人一組で骨盤のズレが体幹、頭の位置などでどう変化するか観察する。
 →骨盤のズレを骨盤で修正しない。
  どこがどの様に影響しているか感じる、確認する。
  初めはポイントを少なくして、少しづつポイントを増やす。

・座位で足が着いている時と浮いている時の違い。
 →意外と真っ直ぐしようと頑張っている。
  足が着くと余計に補正しようとする。
  
・座位で足を浮かしてズレを受け入れる。
 →力を抜いていくと崩れていく。
  崩れた所から少しづつ修正していく。

・仰向けで現状認識。

・仰向けで細かくセンタリングしながら呼吸で緩める。
 →自分が思っているズレ方とK元さんに指摘して頂いた事が違った。
  (力が入って戻そうとする力の方にズレていると勘違いしていた)
  指摘して頂いた通りに緩めるとミゾオチの中が緩んで右腕から
  緊張していたことがわかった。

今回の内容で
 ・やっぱり「吸い込み」「受け入れ」が大事。
 ・想像以上に座位、立位で修正している。(誤魔化している)
 ・自分なりに身体の中を区別(センタリング)していく重要性。

以上のことを感じました。
c0209238_01424718.jpg
何事も受け入れることから始まるのかもしれませんね

by aiki-therapist | 2019-06-26 01:44 | 呼吸動作研究会

2019.06.22(土) 観照塾

・タマゴを持って座取り両手持ち。
 →指先を意識する。
  手を浮かさない。
  仙腸関節で動く。

・タマゴを持って座取り片手両手持ち。
 →労宮、手の中の軸で緩みをとる。
  
・片手両手持ちを浮かして。
 →浮かすと途端に難しくなる。(支点がなくなる、ブレる)

・たまご型のマラカスを丹田で振る。
 →手で振っても意味がない。
  徐々に丹田と全体が動き出す。
  
・立位で両手を持たれた瞬間に入れて落とす。

・片手持ちで手の甲を意識して緩みをとる。
 →相手と自分の丁度いいところを通っていく。
  身体に力みがあると丁度いい所に行かない。
  肋骨が前に出て横隔膜が締まって上がってない。
  胸鎖関節あたりが動いてない(軸が太い)

・両手の掌側を持ってもらう。


前回の時から相手に入れる、伸びる方向は意識しているが

抜く、吸い込む方向ができていないのではないか?と感じていました。

吸い込む為には自分のセンタリングができてもっと軸が伸びて

締まっていないといけないと感じました。
c0209238_01053958.jpg

by aiki-therapist | 2019-06-26 01:05 | 観照塾

2019.06.02 (日) センタリング・タッチ研究会

師匠の施術を見せて頂いたり受けさせて頂いて、

「自分の緩みをとって、相手の緩みをとって待つ。」

これがとても大事だと感じました。

伸展するときも自分の軸と相手の中が伸びるところへ

体内操作をどんどん厳密にして伸びて行っているように感じました。

なので相手の伸びが止まった時は自分の伸びも止まるので「待つ」

ことができるのだと思いました。

後半にK元さんに施術を受けて頂きながら師匠とK元さんにアドバイスを頂き

体内操作がいつもの自分よりも厳密になった時に

手までの緩みが取られ、相手の動きに丹田で付いていくのを感じました。

もっと自分の身体を創って体内操作を厳密にしたいと思いました。
c0209238_00150522.jpg


by aiki-therapist | 2019-06-07 00:17 | 中心塾

2019.06.01 (土) 観照塾

・座取り 両手持ち タマタマの要領で頚へいれてかける。
 →労宮を自分の軸を引き上げて虚にする。
  恥骨寄せる、薄筋を効かせて腰椎5番を入れる、頚を伸ばして力を抜く、
  身柱が寄って殿筋間をあげる、頚椎の一番が伸びる、丹田にすべてが落ちてくる。
  軸がきっちり伸びると自分が思っている以上に手は関係ない(動力として)
  
・上記の技を片手持ちで行う。
 →指先の方向。
  両手持ちより誤魔化しがきかない。
  足から手が離れない。
  
・座取り 離陸。
 →軸を残して中だけ落とす(太極棒:砂時計など)
  中を落とすときに軸を伸ばしてガワを変えない。
  掌側からすべらしていく、背側になるとぶつかる。

・手を膝から浮かして離陸。
 →空中にゲレンデを創る、イメージする。

・内縛、外縛、インで自分の中と手の緩みをとって呼吸する。
 →一本一本緩みをとる。
  押さえる、伸ばす、開くなど色んな方向に引きと攻めをつくる。
  体内操作と手を一致させる。より良くなる所を探す。
  労宮が締まるように開き、緩みながら締める。(手の甲の動き)

・内縛の手で技をかける。
 →労宮が締まりながら開いている。

・両手のひらを上にして上から手を重ねてもらってかける。

今回は自分の軸がもっと伸びることによりまったく手でしないという体験ができました。

手の指の使い方や指先の意識、労宮の創り方をもっと工夫する必要があると感じました。
c0209238_02270969.jpg
手を使わない・・・・・・・傘です(笑)

by aiki-therapist | 2019-06-06 02:30 | 観照塾