人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2022.02.10 (木)  特別講習会

・筆を使う時の体内操作。
 →呼吸で姿勢を伸ばし、手の位置を変えずに脱力(肩、肘)する。
  脱力の時に軸が無くなると首の位置が崩れて肩、肘が抜けなくなる。
  寄り目にすると首の後に意識はいくが、意識が広がらない。
  脳戸を意識することで後の意識を出しながら全体に広がる。
  首の位置は決まっているが、後頭部や首は緩んで中から広がっている。
  手の位置や軸は崩さず、仙骨・中極で動く。
  全体が緩んでいるから、仙骨と手の先で付け続けられる。

・竹枕、温熱パックを使って仰臥位での体操。
 (仙骨時計、三時九時、タマタマ、鶴亀、六方円)
 →骨盤で動くのと仙腸関節で動くとの違い。
  タマタマは立位と違い、蕾の手を楽な位置に置いて行う。
  肩、肘が自由に動く。

・側臥位(三時九時)
 →少し浮かして、緩めて落ちて動く。
  吸って緩めて吐くのリズム。
  仙腸関節で動く。

・仰臥位ですれ違い。
 →側臥位で仙腸関節を動かしてから行う。
  寄るところと張る所がある。
  仙腸関節で動く。

・座取りで技をかけていただく。
 →視線の使い方(脳戸を意識する。)
  頭蓋骨の中に色を塗る。
  後頭部が緩んでいる、柔らかい、広がりがある。

・尾骨と肋骨、呼吸の入り方の関係。
 →施術をして頂きながら体感させていただく。
  尾骨が動いてバランスを取ることで、仙骨や丹田より下の下腹部が伸びて動く。

・立位で技をかけて頂く。
 →丹田と中極の違い。
  丹田を意識すると腰椎2、3番が固まる。

今回、個人的なテーマは「頸と視線の決まり方」でしたが、
首に限らず色々な位置が「決まる」というのは
「良い位置にある」ことで「決まった場所にする、ある」という事ではない。
視線の方向、意識、ベクトルは大事だが目に力が入ったり、
視線に意識が行き過ぎて後頭部の意識が無くなり固まってしまう。
「うすらぼんやり」の大事さを改めて感じました。
それにしても師匠の後頭部の緩み方、中の動き、広がりが衝撃的でした。

# by aiki-therapist | 2022-02-14 00:31 | 合気観照塾 吹田道場

軸を伸ばして感じる。

2022.01.16 (日)  中心塾 長堀教室

・〈座位〉呼吸で足の裏を床から少し浮かす。

・〈座位〉足の指を掴んだ時と反らした時の呼吸の入り方の違いを感じる。

・〈座位〉軽く拳を作って肋骨の側面に当てて呼吸する。
 →肘の位置、首の位置に注意する。
  少し押しながら吸ってみる。
  最初は楽に当てられる位置。
  
・〈座位〉胸の前で合掌して呼吸。
 →普通の合掌と指を少しズラしての合掌との呼吸の入り方の違い。

・〈座位〉胸の前で合掌して押し付けながら呼吸する。
 →肘は前、肩甲骨は寄せる。
  母指球、小指球少し寄せて均一に押す。
  手で押すのではなく、肋骨あたりを締めて寄せて押す。
  少し後ろに倒れて首の後ろを伸ばす。
  指先の角度はどこがいいか感じながら微調整する。

・〈座位〉胸の前で指を伸ばして組んで引っ張りながら呼吸する。
 →横隔膜を浮かして肋骨を締めて肘で引く。
  肩甲骨の寄せで引く。
  手の角度を微調整する。
  身体の角度と首の位置。
  合掌の時と肋骨の締まる位置が違う。(やや後方が締まる)

・〈座位〉両手を蕾の手にして参鶏湯のポーズ。
 →手、肘、肩甲骨の折たたまり。
  肩甲骨が寄って肘が下がる。
  胸を開く。
  肋骨が中心に寄る感じ。

・〈座位〉蕾の手で第二中手骨の母指よりを付けて肘を開き、
     肘で身体の側面を伸ばす。
 →肘の角度で伸びる場所が変わる。
  前3つのポーズの肋骨のよりを維持して伸びる。
  肩の力を抜く。

・〈座位〉5指の指先を合わせて小指側を伸ばす。
 →手で伸ばさず、横隔膜、肋骨、肘で伸ばす。
  
・〈仰臥位〉膝を立てて、足裏を床から浮かす。
 →肩甲骨を寄せる。
  後頭部と仙骨でブリッジをする感じ。

・〈仰臥位〉片膝を立てて、片足を浮かす。

〜後半〜
 I川さんへの施術を見せて頂き、自分も調整して頂いた後、
 施術の練習をさせて頂きました。

・両手の接点を使って全体をどう変えるか。(2点の意識だけではだめ)

・自分の軸を細くして伸ばすと自然と相手からすべき事が浮き出てくる。

・呼吸を使っての誘導は少し先を示す。ついて行くではなくリードする。

・頭蓋骨を触るときは浮かして触るぐらい。押し付けない。
 その方がより頭蓋骨やその中や周りを感じる。

・いい位置にしつこく合わせていく。一発で決めない。つけ続ける。

・離陸の時、仙骨や骨盤で「動く」だと大きすぎ、動きすぎ。
 仙骨のあたりからおこるくらい。

# by aiki-therapist | 2022-01-20 01:00 | 中心塾

2021.11.25  (木)  観照塾 吹田道場

・中段の突きや捻り込みで現状確認。

・剣の上げ下げ(正座)
 →呼吸で剣先が少し浮くまで上げない。
  骨盤の反る丸めるで呼吸の入り方と剣までの伝わり方を変えてみる。
  緩めて剣先が床に触れた後、もう一段身体が緩んで剣先が沈んでいく。
  臀筋間から腰椎5番の繋がりを意識して呼吸で上げる。
  剣先に少しだけ負荷をかけてもらい、
  力で上げるのと呼吸で上がるのとの違いを感じる。
  身体を反らして上げていると体内操作では無くなっている。
  (頭の上で手と手の分け目をかち上げられるかどうか)
  臀筋間、腰椎5番、身柱、瘂門、百会、
  ヴィーナスのエクボ、合気のキテン、上星を繋げて疾雷刀。

・七刀
 →足底のどこを意識して回転するか。(湧泉、足心、失眠など)
  身体が捻れない為には股関節をうまく使う。(折敷で相手を崩せるか)
  足首、膝、股関節などのセンタリング(芯出し)をしてみる。
  左右の手足と中心(背骨)との繋がりを意識して動かす。

・足の上げ方を科学する?(仰臥位で膝を立てる)
 →現状で呼吸で足が浮くか。
  足が浮かない時は、
   ・骨盤時計を呼吸に従って出来ているか確認する。
   ・片足づつやってみる。
   ・足の置く位置を変えてみる。(踵とお尻の距離、膝の角度など)
   ・つま先を呼吸で上げる、緩めて下ろす。
   ・呼吸に合わせて両膝を倒して、身体を捻る。
  腕を浮かす。
  腕が浮かない時は、
   ・手首から先を浮かす。
   ・手首から肘までの間を順番に浮かしていく。
   ・肘を少し浮かす。
   ・掌の向きを変えながらやってみる。
   ・指を床につけて、一本づつ浮かしてみる。
  胃の辺り、肋骨、胸骨、頭などを呼吸で浮かす。
  接地面が浮いて身体を緩めて着地してから身体の中心に重みが入って行くように緩んでいく。
  (床などに身体が馴染んでいく)

今回は結果を良く観察し、方法を変えると結果がどのように変化するのか?を
試行錯誤することの重要性を感じました。

# by aiki-therapist | 2021-11-29 01:00 | 合気観照塾 吹田道場

セン、足りん、愚。

2021.11.11 (木)  吹田道場 特別講習

・仰向けで膝を立ててゆっくりと数ミリだけ足の裏を浮かす。

・数回足の裏を床から浮かすが毎回楽な膝の位置が変わる。
 →足の裏の感覚が変わってくる。

・床につけるところを足の裏から踵に変える。

・膝の内旋や傾きなどの癖に気付く。

・足首、膝などをセンタリングしてから浮かす。
 →呼吸で動作して緩めるを繰り返すことでセンタリングされてくる。

・身体を捻るように膝を倒す。
 →行きにくい所で負荷をかけてもらって緩めたタイミングで解放してもらうと緩む。

・頭を浮かしたり、肋骨を浮かしたりして呼吸が通る位置を探す。

・整ってくると呼吸を吸うだけで身体が締まる感覚がわかってくる。

 →フェルデンクライスの「足の上げ方を科学する」を呼吸の力だけで行う
  ということがすごくわかりやすかった。
  呼吸で動く前に動いてしまっていることが顕著にわかった。
  今回の自分のテーマである「身体を締めるのではなく、締まる」の答えだと感じた。

・上記の事を自分でやっている所を補助して頂いたり、途中で施術をして頂いた。
 →施術において「ただ緩めてもらう施術」と「被施術者が力を抜くのを補助する施術」
  の違いを体感させて頂いた。
  被施術者が「能動的に緩めようとすること」と「緩めようとする時のクセに気付くこと」
  がとても重要だと感じた。

・全員が施術して頂いた後、座とりで離陸をかけ合ってみた。
 →お互いの芯が細くなっている為、いつもの感覚でかけると全くかからない。
  そして、相手の固まっている部分もありありと感じる。
  自分の今の現状を思い知る。

・「無駄な力を出来るだけ抜いて呼吸すれば身体は自然と締まる。
 普段、余計なことをしてその動きを邪魔しているのでは?」という仮説を立てていたが
 半分正解という感じであるということがわかった。
 それだけでは合気をかけるには至らず、臀筋間、ももしり界、腰椎5番、身柱、亜門、百会、
 ヴィーナスのエクボ、合気の起点、上星などを力まずにきめて細くする必要がある。

# by aiki-therapist | 2021-11-22 02:38 | 合気観照塾 吹田道場

身体の軸と会陰。

2021.09.02 (木) 合気観照塾 吹田道場

前回の復習で太極棒メニューの復習。
 ・逆手 横→縦十文字〜おじゃまします
 ・チンチン

逆手のおじゃまします→骨盤から動くことが大事。
チンチン→肩の力を抜いて腹に落ちる。
といったところを施術に生かしていくには?という流れに。

マッサージで「押す」といった動作一つにしても
 ・自分の軸が崩れずに力が抜けているか。
 ・緩みをとって「押す」から「入れる」に。
 ・接点の中心だけでなく脊柱や首へ入れるといった全体の中心を意識する。
以上のような事が大事だと再認識しました。

そして、太極棒のメニュー
 ・雑巾絞り
 ・発勁(特に手を前に出す部分)
が「押す」(相手に入れる)に繋がるという流れから
太極棒をしているときにお腹に呼吸が入っていく重要性を感じました。

◎今週「お腹に呼吸を入れる」をやってみて
 ・腰を反ってお腹を膨らませるのは本質ではない。(過程ではあるかも)
 ・がわだけ張るのと内側から張るとの違い。
 ・腰椎5番を入れるから腹に呼吸が入る⇔呼吸が下腹部に入るから5番が入る。
 ・尾骨側(背面)意識、会陰意識、恥骨意識(腹側)それぞれの呼吸の入り方。
 ・会陰の意識の大切さ。
 以上のようなことを感じました。


# by aiki-therapist | 2021-09-09 03:04 | 合気観照塾 吹田道場