骨盤主導で動く。

2018.07.22 (日) 呼吸動作研究会

今回は私が進行を担当させて頂きました。

テーマは「諸々の臨界点と骨盤時計」でした。

・二人一組で相手の背後から肩に触れて揺れて伝わりを現状認識。
 →手で動かしていると相手がどう動くか。
  相手の身体のどの部分まで意識できるか。
  自分の身体の動きはどうか。

・仰臥位で骨盤時計。
 →骨盤を動かすのに力んでいないか。
  首までの繋がりはどうか。
  呼吸はどこまで入っているか。

・腰に座布団を入れてもう一度骨盤時計。
 →特に丸める時に腹直筋を固めやすいので力を抜いて丸める。
  反る、丸めるの臨界を感じる。少しずつ変化させる。
  座布団(背中)の意識を切らない。

・骨盤の反らす動きを背骨一つ一つに伝えていき、尾骨と大椎でブリッジする。
 →骨盤(丹田)との繋がりが常にあるか。
  胸で先に反らしてしまうと動きが飛んでしまう。
  両肘を手で持って呼吸に合わせて挙げていき垂直の所で肩の力を抜く。
  下ろしていく時も力を抜いて繊細に。

・骨盤の丸める動きを背骨一つ一つに伝えていき、大椎以下を浮かせる。
 →上記の下ろしていく動きで力がしっかり抜けているかが大事。
  膝と足の裏でバランスをとる。

・仰臥位の骨盤時計で首までの繋がりを感じて力を抜いて動く。

・サイドで骨盤の動きを首まで伝える。
 →12時6時の動きがバランスの変化で3時9時に変わる。
  床に付いている側をしっかり意識する。
  小さく動いても身体の中がちゃんと動くようにしていく。

・サイドで骨盤の動きで手を大きく回す。
 →手をできるだけ大きく回す。
  肘を意識して動かすと骨盤、肋骨が連動する。
  切り替わる所を意識する。ちょっとずらして力を抜く。

・初めの現状認識がどう変化したか、感覚の違いを味わう。

今回印象的だったのは、サイドポジションになった時に皆さんが綺麗な姿勢だったことです。

骨盤の動きを丁寧に首まで伝えていくことの大事さを改めて感じました。

[PR]
# by aiki-therapist | 2018-07-27 23:58 | 呼吸動作研究会

肘の意識と使い方。

2018.07.07 (土) 観照塾

・手ほどき技。
 →合気をかけるまでの体内操作。
  緩みをとりきる。
  肘をうまく使って力を抜くと手がぬける。

・指一本一本意識して相手に入れていく。
 →親指−腹、吸い込み。
  人差し指−方向。
  中指−中心、相手の首。
  薬指−浮かすと呼吸が入り横隔膜が上がる。
  小指−最後の最後で効かせる。
  順番に決めていき労宮を意識できる状態で薬指を浮かすと呼吸が入る。
  中指、中心を決めたまま労宮を中心に刻々と変化する、固めない。

・両手を合わせて、返してかける。
 →労宮中心で親指小指の引きと攻め。
  骨盤ではなく、仙腸関節でずらす。
  心の綱の掛け方と仙腸関節主導に手がついてくる感覚。
  手の中の引きと攻めと両手の引きと攻め。

・拳の指の緩みをとって落とす。
 →握ると握った所だけになる。
  相手の背中の緩みをとって、その流れで手背・指の緩みをとる。
  落とすときに軸が無くなりやすい。

・折れない腕を肘で落とす。
 →肩の力を抜ける位置に横隔膜、軸の伸びで浮かす。
  腑に落ちる肘の角度。
  相手の皮膚の緩みを取るように引き摺り込んでくる。
  剣の上げ下げと同じ。

今回は肘の張り、意識の大切さを実感しました。

肘をうまく使うためには肩の力が抜けていなければならない。

太極棒の「発勁」「雑巾絞り」「チンチン」etc
体操の「噴水」「蕾と花」etc
剣術の「捻りこみ」「相架け」「袈裟斬り」etc
すべてに於いて肘を意識するのとしないのとでは大違い。

ということを感じました。
何を意識して稽古するかが大事だと思いました。
c0209238_00560459.jpg
肘が秘事なり!ですね。

[PR]
# by aiki-therapist | 2018-07-12 00:57 | 観照塾

2018.07.01 (日) センタリング・タッチ研究会

師匠の施術を観せて頂いて。

・うすらぼんやり観れるから複数箇所を一度にとれる。

・常に中心へ付け続ける。中心をブラさない。

・「入れる」「付ける」「抜く」をうまく使い分ける。

・自分の中を伸ばしながらシツコク相手が抜けるのを待つ、付いていく。

師匠に施術して頂いて。

・ロードバイクで固まった状態で仕事を続けていたので膝がかなり固まっていた。

・緩むと自分がどう歪んで固めていたかに気付く。

モニターのYHさんを施術させて頂いて。

・細かくポジショニングを整えることが大事。
 (帯を巻く、枕の高さ、タオルで高さを調節するなど)

・サイドポジションで相手に付けるところと自分の丹田を合わせる。

今回はいかに自分の中心で相手に入れられるかが重要だと感じました。

手で緩みをとって肩、肘の力が抜けて細く長く伸びた自分の軸で入れられるか、

手、肩、肘で入れてるつもりになっていないか?がそのまま

センタリングやポジショニングの精度になってくるのではないかと思いました。

[PR]
# by aiki-therapist | 2018-07-03 22:42 | 中心塾

2018.06.24 (日) 呼吸動作研究会

担当:K元さん
テーマ:薬指(三焦経)とバランス

・ボールに板を乗せて前後、左右、回転の現状認識。

・板を傾けて戻るときに手で戻すのと力を抜いて戻る違い。

・棒を二本入れて板を転がす。
 →前の棒に圧をかける、後ろの棒に圧をかける、二本均等にかける。
  棒と板にできるだけ負荷をかけないように転がす。

・板の上で指を一本ずつ浮かして呼吸の入り方を確認する。

・労宮に半球を入れて板を動かす。

・もう一度、初めの現状認識をする。

今回は周りの方のサポートをさせて頂きながら皆さんの動きを見ていました。

一人一人動きが違うし、なんとなく必要条件が浮き出てくるのが面白かったです。

[PR]
# by aiki-therapist | 2018-06-27 00:24 | 呼吸動作研究会

力を抜いてきめていく。

2018.06.11 (土) 観照塾

孔雀のポーズのおさらい。
 →力を抜いて良い位置に来るかどうか。
 →手から動かすのではなく体感を寄せて伸ばす事で手を動かす。

・片方の手のひらを両手で挟んでもらい技をかける。
 →手の向き、相手の持ち方で技が変化する。
  手を柔らかく使う。
  
・相手に手のひらを出してもらい、両手で挟んでかける。
 →寸止めで力を抜いてから触れる。
  相手の位置に和してから自分の軸が伸びるところへ身体を持っていく。

・両手持ち合気上げ。
 →手首を決めるのではなく丁度良いところへ持っていく。
  労宮虚で手首が決まってくると指先が少し外へ広がる。
  広がって浮いた相手を中心へ寄せて落とす。

孔雀のポーズで自分の軸を細く伸ばしておくことが

技をかけるときに重要だと改めて感じました。

[PR]
# by aiki-therapist | 2018-06-14 00:48 | 観照塾